FC2ブログ
topimage

2019-03

葛貫地区の皆さんからの説教 - 2019.03.26 Tue

3月26日、今日は毛呂山町コミュニティ協議会の日帰り視察研修で、田園プラザ川場を視察する。

今回の参加は、最近の視察では多い26名で、さすがに田園プラザの人気を参加者の多さに見ることができる。

昨日の夜の地区懇談会は葛貫地区で、私の命の恩人が多くいる地区。

今から8年前の町長選挙の際、一人で町内の各戸を回っていた時、葛貫地区の方から携帯に電話が入った。

「今、何してる?」という問いに、「平山地区を回っていますよ」と答えると、「ちょっと、話があるから越生町の〇〇というお店に来れるかい」と言ってきた。

「はい、いいですよ」と、答えて越生町のお店に着くと、数分遅れて葛貫地区の皆さん5人がやってきて、私に説教を始めた。

「一人で回るんじゃねえ」というのが、まず第一声である。

それから2~3時間だったか、「とにかく地域の人が一緒に回ってもらえるように動け」と指導をいただいた。

尚且つ、「明日は、葛貫地区を回れ、〇〇さんが案内してくれるから」

と、翌日の段取りまで指示をされて本当に嬉しい夜となり、説教をする葛貫地区の皆さんが神さまのように思えた夜だ。

そして、翌日に私と一緒に回られた方が凄い人で、それぞれのお宅を回ってインターフォンを押し、相手が出ると「〇〇だけど」と言うだけで、すぐにその家の方が出てきて、「あのね、けんちゃんが町長選挙に出るんで、頼みます」と、とても簡単に用件を話す。

相手の方も「はい、解りました」と笑みを見せて快く承諾してくれて、驚くばかり。

一人で回って話をすると、いろいろと話をしなければならないが、地区の信頼を持っている方が回ると、こんなにも簡単に理解してくれるものなんだと地域の有難さを感じた日となったばかりか、その時からどんどんと追い風を感じる日々が続いたことを覚えている。

いろいろな選挙戦術があるが、「批判は一番ダメだ」

特に首長選挙では、政策論争で戦うべきであり、「自分が町の舵取り役となったならこういう町づくりをやりたい」という将来展望をしっかり有権者に見せなければ人の心が掴めないばかりか、将来展望への信憑性も感じられないだろう。

将来展望とは、夢であり、ロマンだ。

それが、近いか、少し時間がかかるか、実現の可能性が高いか、低いかはあるだろうが、有権者となる皆さんが納得して頂ける政策を語れるかが勝負である。

ロマンを語ろう。

そのロマンの実現のために頑張る。

スポンサーサイト

地区懇談会が続く - 2019.03.25 Mon

毛呂山町内の各地区を回っての「地区懇談会」は、3月9日長瀬三区と岡本団地、10日総庭団地、11日旭台地区、12日阿諏訪地区、13日苦林地区、14日旭台北地区、15日ゆずの木台団地、16日第一団地、第六団地、17日第二団地、沢田地区、18日第十三団地、20日長瀬二区、23日前久保地区、日生団地を実施。

昨日の24日は、午前10時から毛呂山台、午後1時30分から下川原地区、夜7時からは角木団地を実施することができた。

それぞれの地区で、それぞれの地域の問題を聞くことができたが、毛呂山台では西坂戸地区と毛呂山台を結ぶ道についての意見。

下川原地区では、川角駅周辺地区整備事業の進捗状況と地区への説明時期について。

角木団地では、排水路で仮復旧の状態のコンクリート部分の本復旧について、青葉地区の側溝修繕などについて伺うことができた。

今日は朝、役場での会議において、さっそくと昨日のそれぞれの意見を職員に指示し、説明に行くように指示をする。

一昨日から昨日にかけて、徹夜で3月定例議会が終わっての町政報告を作成した。

できれば3月中に見ていただきたい地区もあり、デザイナーの方にお願いをすることとなる。

新聞折り込みは、その後となるが・・・

久しぶりの駅立ちをして、多くの皆さんの見ていただけるように考えている。

泉野小学校の卒業式 - 2019.03.23 Sat

昨日、毛呂山町立4小学校の卒業式が挙行され、私は泉野小学校の卒業式に出席する。

厳かに、盛大な卒業式であり、中学校でもそうだったが・・・

年々と、落ち着いた子ども達を見ることができた。


午後には、西入間警察署の副署長が新しく本部から配属となり、挨拶のために来庁されて話をする。

先日の新しい署長さんもそうだが、警察では署長クラスは皆さんが単身で赴任することになっており、これから約2年ほど坂戸市での生活。

いろいろな関わりから、何度もお会いすることになるが・・・

やはり慣れない地域での生活に面白い話も聞けたり、自分的にも今までの警察署長に見る警察官像は相当に違っていて、庶民的で温和な方ばかり。

3月定例議会が終わり、ここで町政報告を出すために原稿書きなど徹夜で行う。

明日は、城西大学で新しい校舎の落成式、徹夜での出席となるので大変だが、居眠りなどしないように栄養ドリンクで眠気を抑えて頑張る。






日本昔話を説く - 2019.03.20 Wed

日本昔話の 中でも 桃太郎と金太郎の話は誰もが知っている日本を代表する昔話である。

では、桃太郎と金太郎のどっちのほうが強いか という話を知っている方はそんなに多くないと思う。

桃太郎VS金太郎 強いのは…
団体戦と個人戦 侍とサラリーマン桃太郎と金太郎、どっちが強い?
インターネットの掲示板「発言小町」に、こんなユニークな書き込みがあった。

「団体戦なら桃太郎」などと思い思いの分析で盛り上がっている。

「桃太郎――桃から生まれる。大変な力持ち。犬・猿・キジを子分にする。鬼を退治した」

「金太郎――やまんばと赤竜との間に生まれる。怪力。クマ・鹿・猿などを友とする。大イノシシを退治」

 投稿は、桃太郎と金太郎の特徴を列挙した上で、「どっちが強いと思いますか?」と問いかけた。

 すると、「個人戦では金太郎、団体戦では桃太郎に軍配があがるのでは」

「桃太郎は刀を持ち、優秀な人材のスカウト能力にたけている戦術家です。でも、さしで勝負したら、クマ相手に訓練している金太郎の勝ちはいうまでもありません」

という意見や、「注目すべきは仲間。金太郎サイドは数が多いし、強そう」という見方など、思い思いの見解が寄せられた。

「金太郎は坂田金時と名前を変え、酒呑童子を退治した実績があるが、桃太郎は鬼ヶ島以降の実績がなく、金太郎の方が強くなったのでは」と、後日談をふまえた分析も。

テレビドラマをもじって「桃太郎は侍、金太郎はサラリーマンだから、桃太郎が強いかな」との書き込みもあった。

昔ばなし研究所所長の小沢俊夫さんは、「強さの比較はしたことがない」と笑いつつ、「鬼ヶ島の鬼を全部やっつけたのだから、桃太郎の方が強いのでは。でも、犬と猿とキジがいたからできたとも言える。どちらが強いのでしょうね」と、頭を悩ませる。

小沢さんによれば、金太郎は「伝説」。伝説は地域の歴史や人物と結びつき、伝わっている話で、強そうな大男などが出てくるものが各地にあるという。一方、桃太郎のような「昔話」は架空の話。

「事実と関連のある伝説の主人公よりも、架空の話の主人公の方が強いかもしれませんね」と小沢さん。

逆に児童文化研究家の加古里子(さとし)さんは「実在とされる人物にまつわる伝説の方が実際にありそうで、金太郎の方に分があるのでは」と話す。

「ただ、桃太郎の強さには、家族愛といった要素もある。どちらに自分の感情移入がしやすいかにもよるでしょう」
 
書店では「桃太郎の話は、ストーリー展開がおもしろく、絵本の種類も豊富。それに比べると、金太郎の絵本は少ないようです」(大手書店の児童書担当)。

人形の久月(東京)の広報担当によると、「金太郎と桃太郎は、よろいかぶとと一緒に飾る脇飾りの代表格。売れ行きは、金太郎が桃太郎の2、3倍売れる」という

「金太郎は『健康優良児』という印象があるからでしょう」

ルパン対ホームズなど異なる小説の主人公が対決するような設定には、人をわくわくさせるものがある。時には、頭を柔軟にして、想像の世界を楽しむのもよさそうだ。

発言小町の投げかけに、多くの考え方が 挙げられているが、さらに 分析をされた方からは、「なるほど」と唸る話を聞く事になった。

明日、それを書き込みたい。

定例議会の最終日 - 2019.03.19 Tue

本日、毛呂山町3月定例議会の最終日であり、これから予算決算常任委員会に付託となった6議案についての委員長報告、そして採決がされる。

昨日もそうだが・・・

色々と忙しく、書き込みができずにいるが、とりあえず1行でも書き込めば、その日のページは確保されるので、昨日就寝前に城西大学の卒業式について書き込んだ。

昨日のページに、後ほど城西大学からの寄付金について書き込むこととする。



3月定例議会は、上程した全議案について可決決定をいただき、平成という元号での最後の議会を閉会することとなる。

閉会にあたっての挨拶では・・・

本会議場および予算決算常任委員会での議員各位からのご指摘やご指導についてこれからの町政進展のために活かしていく旨と毛呂山中学校の体育館の改造工事において、途中でのエムテックの破産申請から端を発した残工事について、大変なるご心配と毛呂山町議会のご理解、ご協力への感謝。

また、3月22日に挙行される町立4小学校の卒業式へのご臨席のお願い。

私も同じだが・・・

来る4月16日告示、21日投開票の統一地方選挙で立候補される予定の14名の議員各位のご健闘。

などを述べさせていただき、3月定例議会閉会にあたり、御礼の挨拶とした。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

井上健次

Author:井上健次
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2122)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR