FC2ブログ
topimage

2012-12

朝から、「まな板の上の鯉」 - 2012.12.14 Fri

忘年会続きの毎日となってきた。

昨夜は、日高市のお蕎麦屋さんで野菜の生産農家でつくる出荷組合の忘年会がある。

例年この会は、日高市のスーパー銭湯で一風呂浴びてから開催していたが、レジオネラ菌の関係から営業を自粛することとなり、急遽お蕎麦屋さんとなった。

そのお蕎麦屋さんもよく行くところで、顔なじみだからいつも以上にサービスがあり・・テーブルいっぱいのご馳走を戴くが、「私は、明日胃カメラなので、9時前で上がりね」と開会前から申し訳なく話した。

「皆、定期的な検査やってるの?」という問いに、「大丈夫、なんでもないから・・おかしくなった時は逝くときさ」と答える仲間、「絶対、毎年検査した方がいいから」と話すが、どうも効き目がないようだ。

農業者のいけないところは、そういう危機感をもっていないところだろう。

最初に話した通り、9時前に忘年会は終了し「明日、胃カメラで胃の中の蕎麦が見えるんじゃないの」とからかわれ店を後にして・・

ときがわ町のいつもの場所に「ふたご座流星群」を見にいきたいのを我慢して、10時前には就寝となる。

今朝は、朝一杯の水を飲みながら8時過ぎからの胃カメラに備えるが、あと数時間後は「まな板の上の鯉」状態だろう。

これで、何回目となるか・・多分15~6回以上は、胃カメラを経験しているが、「5回も飲めば、水を飲むようにカメラが飲めるようになるよ」と一番最初に苦しんだ時、主治医が話したことは嘘。

毎回、一年に一度の苦しい検査となっている。

それでも、喉の麻酔薬の関係は進化しているのか「あの当時よりは楽かな?」とも感じており、とにかく10分間の辛抱だろう。

他にも、超音波での内臓検査、採血による血液検査などもお願いするが、膀胱や前立腺なども年齢的に気になるので、オプションとして診てもらおうか。

LINEでの仲間に「お付き合いの席が多いから胃が可哀想だね」と心配いただいているが、本当に「休ませてあげなきゃ」と、感じるこの頃で・・今夜は忘年会もないからしばらくぶりに休肝日。

今年4回目の餅つきでもするかと・・明日の15日は、祖母の発ち日で親戚も集まるからお土産用だ。

本家は、本当に気が休まる時がない。

スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

井上健次

Author:井上健次
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2220)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR