FC2ブログ
topimage

2018-09

台風24号に備える - 2018.09.30 Sun

9月30日午後6時30分過ぎ、ここは役場の町長室・・

絶えず流れる台風情報では・・・

非常に強い台風24号が上陸し、関東に最接近するのは30日から10月1日に日付が変わる0時頃、予想される風速は50メートルから60メートルという想像もできない威力を維持しての上陸となった。

役場では、総務課14名、まちづくり整備課10名、産業振興課8名の合計32名が避難される町民の方々と土嚢などの要請に対応するために待機をしている。

避難場所にあっては、毛呂山町の西部の山沿いでは大谷木地区の総合公園体育館、小田谷の集会所、阿諏訪地区の第二光の家の3箇所、町の中央部から東部においては役場庁舎に特設避難所を開設して対応をしている。

私と副町長も午後6時過ぎに庁舎での待機の体勢を取っているが、台風が遠ざかる明け方の3時4時頃までは気が抜けない夜となりそうだ。

スポンサーサイト

破棄される重要データ - 2018.09.27 Thu

一昨日、県町村会の県内視察で訪れた神川町では、町村会の役員会議が行われた後に、町村長研修会として「学校検診・母子保健情報のデータ部ベース化とその利活用」と題して京都大学教授の川上浩司氏の講演を聞くことができた。

内容は・・・

「地域住民の健康資料を個人に還元し、地域の政策、行政による健康社会へと役立てる」
  副題  ― 学校検診・母子保健情報のデータ部ベース化とその利活用 ―

というもの。

今まで、学校での健診や母子保健の流れは、それぞれ健診結果を紙ベースで処理され、学校健診では小学校・中学校でのデータは高校進学の際に高校側に渡されて、それ以後は学生の高校卒業に併せて破棄されているという。

母子保健などの手帳についても、妊娠・出産・子どもの定期健診などのデータは、母子手帳など紙ベースの形で個人のものとして扱われて、子どもの成長過程で活かされなくなっているのが実情である。

川上浩司教授は・・・

これらのデータは個人の健康管理上で重要なものであり、先天的且つ後天的な疾病や怪我の状況をその個人の将来における健康管理上において医療の分野では極めて必要なデータであり、文部科学省、総務省による国の事業として全国の市町村とともに個人への還元を通して、健康増進や地域における健康政策、産業振興医療費削減等に活かす工夫が必要であると説明された。

では、どんように個人に還元するか・・という手法だが、あくまでも個人情報であるので、この個人情報は完全に個人情報保護法や条例に抵触することなく、自治体や学校の経済負担を発生させることがない事が必要であり、健診情報のデジタル化によって個人に還元するという。

すでに全国の市町村ではこの仕組みを取り入れ始めており、遅かれ早かれと・・・いずれは国の施策として進められていくものと川上教授の講演を聞くこととなった。

講演の後は、神川町で旧神泉村で閉校となった中学校を利用にした「神川町多目的交流施設」と民間の豆庵 ヤマキ醸造を視察し、最後に旧神泉村にある「冬桜の宿」で意見交換会となり、県町村会の県内視察を終了する。







検診日 - 2018.09.26 Wed

定期的な検診を受ける日で、昨日の県町村会の内容を後で書き込むこととする。

神川町を視察 - 2018.09.25 Tue

連休明けの火曜日、朝からケーブルテレビの収録があり、9月の出来事などについて話した。

特に防災訓練については、木造密集地域への防災施策が急がれるもので、昨年度の前久保南(第一団地)地区から今年度は若山地区(第二団地)を指定して防災対策を進めることについて説明をした。

本日は、県の町村会で県内視察があり、神川町の行政運営を視させていただく。

群馬県境の神川町は梨の産地としても知られているが、フリーマーケットでも有名となっており、定期的に開催されるフリーマーケット会場は早朝の暗いうちから賑わう話を聞いている。

毛呂山町でも12月に開催される「元気市」などではフリーマーケットが年々と好評のようで、今後の町の取り組みとして取り入れていきたいフリーマーケット事業である。

また、パスワードを忘れた - 2018.09.24 Mon

ログインのパスワードを忘れてしまい、長い間ブログの書き込みができずにいた。

たぶん、夜中に起きて、携帯電話のスマートフォンから書き込みをする時に、更新してあったパスワードを覚えていなかったせいだろう。

自分では、変更したパスワードの記憶すらなく、今までのパスワードを何度となく試しており、自分の心の中では大騒ぎにような10日間だった。

ブログで使用しているFC2にパスワードの再送をしていただき、やっとログインができてとりあえずホッとしている。

9月定例議会の途中から色々なことがあり、それらの書き込みもできなかったが・・・

我家のパソコンのキーボードも飼い猫に壊されてそのままで、この際にキーボードも直してブログを続けていくつもりである。

今日は、久しぶりにホームページのブログ復帰となる。

正直者がバカをみる? - 2018.09.11 Tue

今日のお昼のNHKニュースで、ふるさと納税で仕組みを守らない市町村に対して、総務省がペナルティーを科すことが報じられた。

ふるさと納税の返礼品をめぐって自治体間の競争が過熱しており、総務省は、返礼品の調達価格を寄付額の3割以下にするなどの通達を守らない市町村については、ふるさと納税の対象から外し、寄付しても税金が控除されないよう、制度を見直すとのこと。

ふるさと納税は、個人が自治体に寄付すると、その金額の一部が所得税と住民税から控除される仕組み。

多くの寄付金を集めるために高額な返礼品を贈るなど、自治体間の競争が過熱していたが、全国の市町村に対して、返礼品の調達価格を寄付額の3割以下にすることや、地元の特産品を使うように昨年度総務省からの通達が行われた。

しかし一部の市町村では、この通達を守る考えはないとの立場を表明し、未だに多額の寄付金を集めている状況。

総務省は、こうした状況はふるさと納税制度の趣旨から看過できないとして、通達を守らない市町村については、ふるさと納税の対象から外し、寄付をしても税金が控除されないよう、制度を見直す方針だと言う。

こうした制度の見直しには地方税法の改正が必要となることから、総務省は、与党の税制調査会での検討を求め、了承が得られれば、来年の通常国会に必要な法案を提出するとのこと。

毛呂山町において、ふるさと納税の返礼品については「約3割」を遵守しており、まったく問題はないが・・・

先日、来庁いただいた福岡県築上郡上毛町では返礼品に約7割もの費用をかけており、総務省の通達については年度の途中ということもあり、守ることができない話を聞いたばかり。

ふるさと納税制度には、今まで多くの問題点が指摘されており、このような総務省の見解は「遅い判断」であり、昨年度の「返礼品は3割以内に・・」という通達の内容に盛り込むべき話である。

また、必然的にふるさと納税については「勝ち組」と「負け組」ができてしまうことが判っているのだから、総務省にあっては廃止も含めて抜本的な検討を行っていただきたい。

「返礼品目当て」が現状となってしまったふるさと納税に対して、埼玉県所沢市の藤本正人市長は・・・

平成27年度に、「ふるさと納税の返礼品の提供を今年度で終了する」と発表した。

所沢市としては、ふるさと納税制度そのものは返礼品を提供しないで残るとした上で、「返礼品の終わりなき競争からひとまず降り、返礼品ではなく所沢の自然や文化、事業を応援したいという思いに期待したい」と語り、ふるさと納税制度に一石を投じた格好。

この時の会見で、所沢市長は・・・

ふるさと納税の趣旨を「故郷を思う気持ち、地方の財政を強くしようという願いがある」とした上で、現状については「人は好みの返礼品を求めて動き、自治体も競争に巻き込まれている」と指摘している。

埼玉県町村会でも、所沢市と同じような見解を持っている町長は多く、今後意見のまとまりによっては国への要望も必要と考える。




現職 吉田町長 強し - 2018.09.10 Mon

滑川町の町長選挙の投開票が昨日に行われ、三つどもえとなった選挙戦を現職の吉田昇町長が石川候補と長谷川候補を圧倒して再選を果たした。

本当に嬉しい勝利であり、早速祝電を送ったが、時間をみつけてお祝いに伺いたく考えている。

滑川町長選挙【選管確定】   

【当選】 吉田 昇(無・現) 4089   

石川正明(無・新) 2441   

長谷川元夫(無・新) 2130   

投票率 59.82%

9月定例議会が休会 - 2018.09.07 Fri

昨日の未明、北海道で発生した大地震は、時間の経過で災害の状況が拡大しており、土砂災害によって尊い命を落とされた方々に衷心よりお悔やみを申し上げ、避難されている多くの皆様にお見舞いを申し上げたい。

また、行方不明の方々も多く、一刻も早く救出されるように祈るばかりである。

毛呂山町議会は、昨日までの一般質問がおわり、今日は町が上程する議案審議となる。

条例の一部改正が4件、規約の変更が1件、毛呂山町一般会計補正予算からはじまり、国民健康保険特別会計など特別会計の補正予算が4件、毛呂山町一般会計平成29年度決算認定をはじめとして、国民健康保健特別会計など特別会計の決算認定5件、町道の廃止・認定各1件の説明と委員会付託がされて本会議が休会となる。

月曜日からは、委員会に付託となったそれぞれの決算について細かい審議がされることとなる。

明後日の日曜日は、毛呂山町の防災訓練の日であり、今年は前久保中央公園を会場として町の中央部の地区にお住まいの方々を対象として開催される。



北海道で大地震 - 2018.09.06 Thu

またしても、災害列島が続く。

6日午前3時8分ごろ、北海道胆振地方を震源とする地震があり、震度6強を観測した。
気象庁などによると、震源の深さは約37キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6・7と推定される。
厚真町などで多数の家屋の倒壊や土砂崩れが発生し、生き埋めの人がいる模様。
北海道電力によると、道内のすべての火力発電所が停止し、道内全戸の約295万戸が停電となる。

一刻も早い、救助活動と復旧活動となるように祈りたい。

今日は、一般質問の3日目で、午前に村田議員、小峰議員、午後に澤田議員、牧瀬議員の4名が登壇となる。


台風21号の爪痕 - 2018.09.05 Wed

台風21号は関西方面に大きな傷跡を残して、日本海から北海道沿岸へと抜けた。

強い風台風となり、今朝、防災担当課長からの被害の報告は・・・

阿諏訪地内の駐車場脇での倒木、前久保地区の町道脇での倒木、玉林寺から西大久保に向かう町道脇での倒木、川角地内での倒木、川角中学校敷地内の防犯灯が根元から折れる、といった被害の報告があった。

今日は、一般質問の2日目。

午前は、平野議員、岡野議員、午後は、堀江議員、千葉議員の4名の議員が登壇する。

強い風によって、農作物の被害も心配だが、遅れている稲刈りが台風一過でできるようになり、稲作農家にあっては忙しい何日間となるだろう。

また、本日は城西大学の新しいグランド建設での地鎮祭が挙行される日。

今まで、長年に亘り荒れていた学園台団地の北側、約6ヘクタールをグランドへと開発されることとなった。

いい開発となるように願う。

アマゾンを名乗る詐欺 - 2018.09.04 Tue

9月4日、一般質問の初日で、午前に高橋議員、長瀬議員、午後に下田議員、荒木議員が登壇となる。

台風21号は、猛烈な勢力を維持したまま、昼頃から四国および関西地方に上陸する模様で、午後から台風に吹き込む風の影響が関東地方にも及ぶだろう。

今は、ちょうど正午の休み時間だが、雨と風が強くなってきており、能登半島に台風が近づく頃に関東地方では最大の風が吹くものと思う。

平成7年か8年頃、台風が能登半島近くを通過したことがあり、当時定植したばかりの白菜の苗が強風によってちぎれて、飛ばされた被害に見舞われた事がある。

そのときのコースとほぼ同じことから今回も風の被害を心配をしている。

本日は、台風が日本海から東北の海上付近にぬけるまで、気が抜けない日となるだろう。

別件

本日(9月4日)午後4時過ぎに、私の携帯電話にamazon を名乗りショートメールが来た。

内容は・・・

登録料金の未納が発生しております。本日ご連絡なき場合、法的手続きに移行いたします。
アマゾンカスタマーセンター03-5728-○○○○

というもの。私はアマゾンを利用していないので、すぐにネットで「アマゾン 法的手続き」と検索すると・・・

「法的手続きに移行する」などとSMSを送る「アマゾン」を名乗る架空請求事業者にご注意ください。

という詐欺行為に対する注意のサイトが並んでおり、詳細を添付する。

勧誘の手口の概要

アマゾンを名乗る事業者の手口
1,「会員登録の未納料金が発生しております。本日連絡なき場合、法的手続きに移行します。アマゾン株式会社 03-○○○○―○○○○」などと記載したSMSを消費者の携帯電話に送信します。送信されるSMSの文面や「Amazonカスタマーセンター」などの名称には様々なパターンがあります。

2,SMSを見て不安を覚えた消費者がSMS記載の電話番号に電話をすると、架空請求事業者は、「本人確認をする」などと言い、氏名やメールアドレス等の個人情報を消費者から聞き出します。

3,「有料動画サイトへの申込がありました。」「一年間会費を滞納しています。」とウソを言って消費者を欺き、「裁判費用が○万円かかります。」「2年前からの延滞料含め○○万円になります。」などと不安をあおり、その日のうちに支払うよう迫ります。

4,消費者が身に覚えがない等と言うと、「一度支払いをしてもらうと、○○○○協会から返金されます。」「間違って登録したのでしょう。保険によって○万円が戻ります」などと告げ、支払ったほうが厄介にならないと消費者に思わせます。

5,架空請求事業者は支払い手段として、ギフト券○○万円分をコンビニエンスストアで購入して、ギフト券に記載されている番号を伝えるように指示し、消費者はギフト券の番号を伝えてしまいます。
その際に「コンビニの店員が詐欺ではないですか、と聞いてくると思うので、詐欺ではないと答えてください。」などと怪しまれたときの対応を指示する場合もあります。

6,なお、架空請求事業者は消費者が電話をしてから、ギフト券番号を伝えるまでの間、一度も電話を切らせないように巧みに誘導する場合が多く見受けられます。困惑した消費者に考える時間を与えず、公的機関に電話で通報されないようにしているものと考えられます。

7,架空請求事業者は、その後も、他の有料会員サイトでも未払料金が生じているなどとして更に支払いを求めてくることがあります。

以上だが、このような業界を「1000分の1業界」というようで、1000件に1件程度騙される人がいて、それでも成り立ってしまう詐欺の一つの業界らしい。

多くの皆さんが騙されないようにお願いとする。

9月定例議会が開会 - 2018.09.03 Mon

9月3日、今日から9月定例議会が開会となる。

会期は、本日より9月19日までの17日間で、本日は開会して会期の決定、諸般の報告、町長挨拶を行った後に本会議を休会とし、今議会での議案関係について議員に説明する「議員全員協議会」となる。

明日からは、既に各議員から通告を受けている「一般質問」、3日間12人の議員からの質問に答えていく。

一般質問の質疑応答についてはケーブルテレビによって各家庭で見ることができるが(ケーブルテレビに契約している場合)、議会は「公開の原則」に則り運営されており、是非、多くの方々に議場での傍聴(傍聴権)をしていただければ幸いである。

議会の開会時間は、午前9時30分からで、正午に昼休みの休憩があり、午後は1時15分から再開するが、一般質問の場合、議員の持ち時間は1人1時間であり、午前2人、午後2人づつ行うので、今9月議会では12人で3日間を要することとなる。

台風21号の接近と進路が気になっており、場合によっては議会運営についても調整を願い、災害の発生を最小限にできるよう体勢を整えたいと考える。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

井上健次

Author:井上健次
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2040)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR