FC2ブログ
topimage

2020-02

白菜は被害者 - 2020.02.04 Tue

暦では、今日が「立春」。

本当に暖かい日が続くが、この暖かさで野菜が育ち過ぎてしまい、価格が続落しているニュースが流れる。

特に冬の野菜の「白菜」においては、その被害者の筆頭と言っていいだろう。

「冬が暖かいと鍋をやらない」

ということで、特に2月に入ると、暦の「立春」という言葉の響きから食卓では鍋料理が一気に登場しなくなるのも白菜にとっては追い打ちをかけている。

そして、3月に近づいてくると、アブラナ科の花芽分化(バーナリゼーション)が進み、菜の花として抽苔し、黄色の菜の花を咲かすようになって白菜の生涯を閉じる段階となる。

つまり菜の花を咲かすことは、次の代の種を作る作業となることで、生育成長から生殖成長に移行すること。

白菜を栽培している農家にあっては、なんとしても菜の花が上がりだす前に白菜の収穫を終えたいもの・・・

特に、この暖冬では例年より抽苔が早くなることが考えられており、需要と供給からも白菜の値はさらに下落傾向に向かうだろう。


スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

井上健次

Author:井上健次
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2342)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR