FC2ブログ
topimage

2020-05

6月定例議会が開会 - 2020.05.29 Fri

6月定例議会が今日、開会した。

開会前、4月に異動および昇格した課長3名を議員各位に紹介。

開会後、議会運営委員長より6月定例議会の日程について報告があり、その後諸般の報告、6月定例議会開会にあたっての挨拶の後に議案審議に入る。

議案23号、一般会計補正予算(第1号)は専決処分とさせていただいた案件、この6月定例議会で議員に説明をし、承認を得るもので、主となる内容は国からの特別定額給付金(10万円)を予算計上した議案。

議案の説明後に議員からの質問を受け、討論では澤田議員から賛成討論をいただき、採決では議員全員の賛成をもって可決する。

次に、上程した議案32号一般会計補正予算(第2号)は、国からの地方創生臨時交付金で主な内容は、6月1日から広報もろやまと共に全戸配布される「毛呂山町独自の緊急支援事業」に予算配分した議案。

議案の説明の後、議員から質問を受け、その後、千葉議員、佐藤議員、堀江議員、高橋議員から賛成討論をいただき、採決では議員全員の賛成を持って可決することができた。

10万円の特別定額給付金については、5月28日現在で申請書の回収率が82,38%となり、15,910人に対して給付が完了しており、47,72%という給付率である。



スポンサーサイト



少子化対策 - 2020.05.27 Wed

特別定額給付金については22日から口座に振り込みが開始されているが、口座振り込みではなく、現金での給付を希望される方においては本日(27日)役場庁舎内で給付することができた。

昨日の26日には、2回目の口座振り込みが済んでおり、次の口座振り込みは明日28日となっている。

昨日、役場において「少子化対策プロジェクトチーム」が発足し、第1回会議が開催される。

構成員は、役場の若手職員で合計11人、事務局に秘書広報課長が務める組織で毛呂山町の少子化を改善すべく様々な施策を進めてもらうこととなる。

「結婚」についても、少子化対策の第一歩であり、婚活事業なども計画されるのではないだろうか。

現在毛呂山町での少子化対策事案では・・・

〇子ども医療費無償化(中学校終了まで)
〇もろっ子はぐくみ応援金支給事業(出生時および小学校入学時に応援金)
〇不妊治療助成事業
〇地域子育て支援拠点事業
〇ファミリー・サポート・センター事業
〇子育て世代包括支援センターによる支援
〇川越都市圏まちづくり協議会主催による婚活イベント事業
〇赤い糸見つけ隊による結婚支援活動
〇SAITAMA出会いサポートセンターによる結婚支援事業

等々、多くの事業が進められている。

以前から毛呂山町の合計特殊出生率は0,80前後を推移しており、この0,80前後の出生率は平成17年頃の議会録などでも議員とのやり取りで確認することができ、20数年前から毛呂山町の出生率が低いことが判る。

データを読み取ることは簡単だが、その結果から問題を抽出し、改善させることは容易ではなく、今回の「少子化対策プロジェクトチーム」に対する期待は大きなものとなっている。

やさしい町へ - 2020.05.26 Tue

朝のうちに小雨が降り出したが、その後は厚い雲に覆われた一日、梅雨の時期が近づいている様子。

第16回新型コロナウイルス対策本部会議が昨日の緊急事態宣言解除を受け、朝一番に開催される。

町立小・中学校の再開に向けての説明が学校教育課長からあり、その後、役場職員が庁舎内において離れた場所での業務をこなす「サテライト勤務」を終了することからパソコンなどの片づけについても説明がなされた。

町の公共施設(公民館など)の再開については、坂戸市が「6月中は公共施設の再開はしない」と、決定をしたことが本日の大手新聞に記事掲載されたことを受け、近隣市町の動向を確認する必要が生じたため、後日に決定することとした。

町で戴いた「マスク」について、「多くの町民の皆さまに使っていただこう」と、役場に来庁された方々に差し上げることとした。

というのも先日のこと、教育長と学校教育課長から「小学生と中学生のご姉弟が学校の休校中に手作りマスクを88枚も作って、『町で役立てていただきたい』と、いただきました」と、嬉しい報告を受けた。

「町民の方へ」という思いがあったようなので、役場1階に・・・

「町内在住の小中学生が、町民の皆様のためにつくってくれました。どうぞ、ご自由にお持ちください」

と、手作りマスクコーナーを設置する。

昨日の88枚のマスクは今朝には残り10枚程度となっており、「やさしい町へ」の子ども達の温かい心を多くの町民皆さまに知っていただけることができた。

88枚の手作りマスクは、本日(26日)の午前中には、すべて町民の皆さんがお持ちになったので、多くの町民皆さまによって作られた「手作りマスク」も、同じマスクコーナーに置くこととして、町民皆さまに配布することとした。

温かい心がふれあうようなコーナー、長く続くように考えたい。

順次 振り込みがスタート - 2020.05.25 Mon

6月定例議会の一般質問について、答弁書の打ち合わせが終わる。

本日(25日)は、朝一にゆずの里ケーブルテレビの「町長に聞く」の収録予定、午前9時から予定通り取材および収録となった。

今回も、新型コロナウイルスの自粛要請を受けて今までの町の対応やこれから解除に向けての町の取り組みなどがメインとなったが、町独自の緊急支援事業の説明が主な内容。

また、特別定額給付金の申請状況なども説明することができた。

5月23日現在   12,126件  回収率76、42%

振り込み日は、  5月22日 、26日、28日、

以降は、週で1回程度振り込む予定となっている。


事実は小説より奇なり - 2020.05.22 Fri

新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言中、新聞記者らと賭けマージャンをしていた東京高検の黒川弘務検事長の辞職が閣議で承認された。

森雅子法相は21日夜、安倍晋三首相に進退伺を提出したと記者会見で表明したが、安倍首相に「検察の損なわれた信頼を回復するために、引き続き職務に当たってもらいたい」と慰留。

森氏は22日の記者会見で「検察の立て直しをしなければならないという思いに至った」とし、辞任しない意向。

黒川氏の定年延長から端を発し、新型コロナウイルス感染拡大から自粛要請などによって多くの国民が大変な時に、政府は「検察庁法改正案」を進め、野党は勿論だが芸能人をはじめとして多くの国民からの批判に法案は先送りに・・・

そんな紆余曲折の渦中の人が、新聞記者達との「賭けマージャン」が暴露され、一巻の終わりとなった。

上手に世渡りをされてきた方だろうが、事もあろうに「賭けマージャン」で辞職に追い込まれる結末は誰も予想していなかったストーリーで、まさに「事実は小説より奇なり」

事実は小説より奇なり・・とは、

現実の世界で実際に起こる出来事は、空想によって書かれた小説よりもかえって不思議であるという意味のことわざ。
「事実は小説より奇なり」は、イギリスの詩人バイロンの作品「ドン・ジュアン」中の一節から生まれた表現である。(ネットより)

自分もマージャンは大好きだが、もう10年以上も前からマージャンに興じることもなく、「たまには健康マージャンにでも参加してみようか」くらいで、賭けマージャンが賭博にあたるくらいは当然に理解している。

特に、黒川氏は検察庁のトップであり、エリートであり「法の番人」である人が「賭けマージャン」かと・・・

日本のお役人のレベルが実に低いように思えてしまったのは、私だけではないだろう。

ここで、毛呂山町の特別定額給付金の申請状況を・・

5月22日現在で11,662件の申請書類が役場に届いており、73,49%

という事がわかった。

10万円の振り込みは、22日の本日 287件
26日、1466件
28日、件数は未定

というように、口座に振り込みさせていただくこととなっている。
















22日より、振り込み開始 - 2020.05.21 Thu

「いつごろ、口座のほうに振り込まれますか?」

ここにきて、多くの町民皆様から特別定額給付金の10万円について、振り込み日の問い合わせが町に寄せられている。

毛呂山町では、申請書類の到着順になるが、22日から口座への振り込みが開始されるので、もうしばらく(後2日)お待ちいただけるようにお願いしている。



6月議会に向けて - 2020.05.20 Wed

6月議会が今月の29日に開会するにあたり、本日(20日)議会運営委員会および議員全員協議会が開かれ、6月議会の日程と新型コロナウイルに対応する地方創生臨時交付金の使途について説明することができた。

臨時交付金については、新型コロナウイルスの自粛要請を受けて、休業などの対応から死活問題となっている商店や個人事業主を支援する内容も含まれており、さまざまな指摘をいただくこととなった。

5月29日の議会初日に追加議案として出させていただき、初日に採決をいただけるように準備を進める。

これによって6月1日に配布する広報もろやま6月号に臨時交付金についての詳細を町民皆さまに知っていただくことができるものと考えており、町議会の絶大なるご理解を戴けたことに感謝をしている。

本日、午後には国民健康保険運営協議会が開会され、6月議会に上程される国民健康保険事業に係る議案について審議をいただくことができた。

面白い提案をされた方がいる。

現在、各戸に配達されている「アベノマスク」の未使用を医療機関や介護施設で使ってもらえるように回収する組織があるという。

「是非、毛呂山町でも始めてもらえないか?」という内容。

悪い話ではなく、確かに「マスク」については、そろそろ出回ってきており、今更「アベノマスク」が届けられても使わない方が多いことが予想される。

ただ、国が配布したものを地方の市町村で回収することがあっては行政を進めるうえで問題であり、全国の事例を調べたところでは民間の組織が実施していることも確認することができた。

提案してきた方も、ご自身で調べたらしく、「民間が行っている事業でした」と、メールでの知らせを受けることとなった。

他にも、「ジョギングしながら、ゴミ拾い」や、「体内脂肪を減量したら、その脂肪の重さと同じ野菜や肉をプレゼント」というようなアイデアも戴くことができた。

新型コロナウイルスの関係から、アフターコロナという言葉が出回り始め、各地方公共団体は今後の新しい生活スタイルの提案で頭を捻っている最中。

新しい取り組みについて、多くの市町村の事例を参考に、毛呂山町ならではの取り組みを進めていきたい。



マスクの寄付を受ける - 2020.05.19 Tue

新型コロナウイルスに関しての特別定額給付金ついて、本日(19日)現在65%を超える申請を受け付けることができた。

書類については特別に職員を配置して処理を行っており、早ければ今週中に口座への振り込みがスタートする運びとなる見込み。

最終的には、1万5千世帯の書類であり、その多さと作業の大変さを知り、担当する職員に感謝を申し上げた。

今日は、午前中に城西大学からマスク1000枚を戴くこととなり、また、午後にはマクドナルドからもマスク3000枚を戴くこととなった。

今後、新型コロナウイルス感染拡大防止や医療関係や介護関係でも使わせていただくこととなるだろう。

6月議会を前に、一般質問について6名の議員から通告を受ける。




新しい生活スタイル - 2020.05.18 Mon

新型コロナウイルス感染症対策地方創生臨時交付金の申請受付がはじまり、昨日までで6000件を超える申請となり、毛呂山町の全世帯の38%を占める申請状況となっている。

6月に緊急事態宣言が解除される公算が強くなり、「自身の町政報告をそろそろ出せるタイミングか」と・・・

例年、2月から3月に定期的に町政報告を出してきたが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大から例年の時期での新聞折り込みをやめて、「新型コロナウイルスが落ち着いたら・・」と、自分なりに決めていたもの。

昨年の台風19号の被害を受け、その対策もあり、今回の新型コロナウイルスの町対応についても町民皆さまにできるだけ早く詳細を知っていただきたいこと等。

本日(18日)は、民間の企業からスマートシティを目指している本町に対して、災害情報をリアルタイムでケーブルテレビを通じて町民に知らせる事業展開を聞くことができた。

「地域道路情報写真配信サービス」というシステムだが、埼玉県の補助なども受けて進めており、大いに期待できるもの。

議会でも「防犯用に抑止力のある監視カメラの設置」など議員から必要性を説いた質問をいただいており、今回の災害情報からいずれは防犯に対応できる監視カメラへの働きかけも考えていきたい。

昨日は、東京都内での新型コロナウイルス感染者は5名と聞き、減少してきたことに安堵しながらも第2波、第3波への恐れを感じずにはいられない。

是非、今までの自粛生活を「新しい生活スタイル」としていただき、まず、「自らを守る」ということが「家族を守る」であり、職場を守り、地域を守ることを再認識していただきたい。











開校に向けて - 2020.05.15 Fri

新型コロナウイルス感染症対応地方臨時交付金については、感染拡大を防止するとともに、地域経済や住民生活を支援し地方創生を図るもので、地方公共団体が地域の実情に応じてきめ細やかな事業を実施できるように創設されたもの。

6月に入ると町民皆さまにそのご案内ができるように進めており、是非期待していただきたい。

また、長い休校となった学校も再開されるが、その準備段階として登校日が設定された。

1回目、小学校 5月20日(水)、21日(木)の2グループに分けて地区別に登校 8:20~9:40 地区別一斉下校
     中学校 5月21日(木) 8:30~9:30 一斉登校

2回目、小学校 5月28日(木) 一斉登校 8:20~10:30 一斉下校
     中学校 5月28日(木) 8:25~10:40 一斉登校

3回目、小学校 5月29日(金) 一斉登校 8:20~10:30 一斉下校
      中学校 5月29日(金) 8:25~10:40 一斉登校

保護者には、各学校からメール配信されるとのこと、子ども達の活気が学校という場で溢れる様子を早く見たいものだが、慎重に衛生面には細心の注意をしていきたい。

臨時交付金 - 2020.05.14 Thu

昨日から郵送によって各世帯に届き始めた特別定額給付金の申請書類。

今朝は多くの方々が役場に申請書類を持参され、職員数名がその対応に追われていた。

電話での問い合わせも多く、担当課の総務課では絶えず職員が電話で申請書類の説明をしているようだ。

町では、新型コロナウイルス感染症対策地方創生臨時交付金の使途について、何度となく協議が続けられた。

来る議会での審議をいただき、大変な状況の町民皆さまにできるだけ早く毛呂山町としての対策事業を進めさせていただく。



町レクの開催は? - 2020.05.13 Wed

特別定額給付金の申請書類が各世帯に郵送での配達がはじまり、役場も慌ただしくなってきている。

新型コロナウイルへの感染拡大防止の観点から申請書類にあっては「郵送」をお願いしているところだが、やはり役場まで持参される方々がいたり、申請書類の書き方など電話での問い合わせが多くなっている。

町民の皆さまが困らないように、町としても柔軟に対応をさせていただいているが・・・

越生町、鳩山町は15日に申請書類が納品され、その後に郵送するスケジュールと聞いており、先にスタートした毛呂山町としてはトラブルなく、アクシデントなく、特別定額給付金の業務を進められるように万全を期していきたい。

本日、区長会長、体育協会長、スポーツ推進委員長、教育長、と私との5人によって10月に開催予定の第53回町民レクリエーション大会の開催について協議をすることができた。

結果は、69行政区の区長に郵送でお知らせさせていただき、一般の町民皆さまには広報もろやま6月号と町のホームページからお知らせさせていただくこととした。

基本とする考え方は、「町民皆さまが困惑しないように、そして早めに決断」ということ。



申請書類の郵送始まる - 2020.05.12 Tue

昨日の11日、特別定額給付金の申請書類が毛呂山町役場に納品された。

昨日中に、医療施設等に入所されている方々の申請書類は直接届けることになる関係から別に分け、本日約15.000世帯分の申請書類を管轄の郵便局に収めることができた。

早ければ明日の13日には、町内のご家庭に配達されることとなるが、申請書類の説明をよく読んでいただき、感染拡大防止のために郵送での申請をお願いとする。

特別定額給付金 - 2020.05.11 Mon

特別定額給付金の支給について、「できるだけ早く住民皆様に配布できるように・・」と、各自治体がそれぞれに駆使されている。

個人番号カード(マイナンバーカード)をお持ちの方々にあっては、電子申請を利用することによって特別定額給付金を早く受け取ることができるが、個人番号カードがない方にあっては行政から郵送される申請用紙に記入をしたのちに郵送によって申請する形となる。

毛呂山町では、申請用紙が納品されたのちに、郵送の準備を整えて郵便局に郵送依頼をすることになる予定だが、それが今週の中頃となる見込み。

郵送が始まるときには町のホームページでお知らせすることとしているが、現在予定しているスケジュールはあくまでもアクシデントがない状態での行程ゆえに、前もってお知らせができないことに対してのご容赦をお願いしている。

今回の特別定額給付金に対する町への問い合わせは日を追って増えており、それだけ、新型コロナウイルによる自粛要請によって減少している厳しい収入面の実態が窺える。

農業関係では、「今」もそうだが・・

肉牛を飼育している農場が外食産業の休業状態によって、出荷予定の牛が出荷できず、大きな収入の減少に困惑しているニュースを見た。

また、九州地方のスイカ農家にあってもスイカが出荷できずに廃棄を覚悟したニュースなど、これから次々と新型コロナウイルによる大きな損失が見えて来ることだろう。

米農家においても、自粛要請によって外食産業が休業もしくは減少した客によって米の需要は大きく減少した。また、学校給食にあっても小・中学校の休校から給食がなくなり、米飯の需要は皆無の状況。

「スーパーで、お米が無くなった」と、一時主婦の間では心配の声も聞かれたが・・・

実際には、米そのものは大口の需要が無い事からダブついており、今年の秋口における新米の収穫時期に米の価格が大きく下ることが既に予想されている。

現在の米農家は、田を集約し大型化をすることによって生き残っている農家ばかりであり、そのためには大型の機械を導入して農作業を少人数でこなしているのが現状、そのためには多額の資金の借り入れを行い大型機械の導入を図っている。

つまり、借金を返済しながらの農業経営であり、収入が減少すれば借金の返済も滞り、経営そのものが成り立たなく実態が目の前に迫っている。

経営をあきらめることは、つまり離農であり、その延長線上には農地の荒廃と自然環境のバランスの崩れ、水の治水ができずに水害被害の増大と、さまざまなところに負の影響が波及していくことだろう。






さらに、支援の輪を - 2020.05.08 Fri

作日(7日)、NHKの午後6時の「首都圏ネットワーク」と、午後7時からの「ニュースセブン」で、毛呂山町で看板業を営むメディアワークスが紹介された。

新型コロナウイルスの感染拡大から、多くの飲食店が休業もしくは減少している収入面をなんとかしようと、出前やテイクアウトなどを取り入れての営業を余儀なくされている。

そんな時、毛呂山町が始めた「飲食店、サービス業応援プロジェクト」に、「お店の看板を無料で制作する」と参加をいただいたメディアワークスの取り組みをNHKが紹介したもの。

知りあいからもメールをいただき・・・

「毛呂山町ではいいアイデアを持って実践している方がいて羨ましい」

と、お褒めの言葉をいただくことができた。

今日は、日本赤十字毛呂山支部の皆さんが手作りマスクを600枚も制作し、「困っている方へ・・」と、町で戴くことができた。

子ども用として400枚、大人用として200枚とのこと。

学童保育所や保育園などで活用させていただればと考えている。

また、埼玉県町村会でネット環境を整えるクラウドでお付き合いをしている「TKC」から、栄養ドリンク200本をいただくこととなった。

昨年の台風19号に被害に見舞われた時に、城西大学からいただいた栄養ドリンクも保管しており、今回の新型コロナウイルスで最前線で奮闘されている医療機関の関係者皆さんに使っていただくこととした。

毎日、飲食店の各店舗で取り組んでいるお弁当を出前やテイクアウトでいただいているが、お店のそれぞれの思いやアイデアが活かされていて、昼食で美味しくいただいている。

特に、人が集まる宴席を主に営業されていた店舗にあっては、3月4月の歓送迎会もなく、これからの総会月での懇親会も期待することができず、死活問題という事態。

新型コロナウイルス関連で融資の優遇措置はあるが・・・

人口減少時代を迎え、新型コロナウイルスのような突然の経営危機を考えれば融資も難しい判断としか言いようがない。

いよいよ総理の声も - 2020.05.07 Thu

ゴールデンウィークが終わり、昨日のニュースではこの時期特有の交通渋滞が新型コロナウイルスによる緊急事態宣言によって、ほとんど渋滞が起きていない高速道路の状況などが報道されていた。

新幹線のホームでも、人影がないほどで・・・

インタビューを受けていた男性は、「貸し切りみたいですよ」と、答えていたのが印象的。

Stay home 今回の新型コロナウイルスの感染拡大によって、各都道府県知事の言動を評価するようになり、マスコミもそのような動きを利用するかのように毎日ネット上で見るようになってきている。

●1位/42票:吉村洋文・大阪府知事
「防護服不足への対応で雨がっぱの提供をお願いするなど、発想がわかりやすく見えやすい」
「自分の言葉で、一定の根拠を示し発信している。緊急時のリーダーとして、判断根拠が示されるのは安心できる」
「(兵庫との)往来の抑制など、一部勇み足もあったが、ライブハウスへの対応など、責任の所在が見て取れた」

●2位/24票:小池百合子・東京都知事
「すべてが大変ななか、広告塔としての役割をしっかり果たしている。それに国が追従している感じ」
「休業支援の実施、丁寧な情報発信と啓発に努めている」
「国よりも先行して対策を打ち出している」

●3位/23票:鈴木直道・北海道知事
「自分のリスクと責任で、独自の緊急事態宣言をされ、政府に振り回されず判断を続けている」
「『責任は自分が負う』という姿勢のもと、独自の対策をおこなうなど、国に先手を打っている」
「勇気ある決断」

ネット上に掲載された順位と評価だが、評価については他県の県議会議員によるコメントが寄せられていた。

今朝も携帯でネットニュースを見ていると・・・

「総裁にするなら吉村府知事」という見出しをみつけたが、それだけ新型コロナウイルスに対する対応の悪さと良さを人に当てはめての皮肉と捉えることができる。


ゴールデンウィークが終わり、連休中に国から出された「緊急事態宣言」の延長から、本日朝一番に「第13回 新型コロナウイルス対策本部会議」が開かれ、自粛要請の延長に伴って今月いっぱい公共施設の閉館を確認する。

国からの臨時交付金の限度額が埼玉県の市町村課から示され、これから各市町村ではその使途について忙しい作業となる。

布陣を敷く - 2020.05.01 Fri

いよいよ5月に入ってしまったが、2月下旬から世界的に感染拡大し始めた新型コロナウイルスによって、3月そして4月のすべてが新型コロナウイルスに振り回された2か月となってしまった。

この5月も、全国に対する緊急事態宣言が延長され、自粛要請も5月31日までとなり、企業は当然ながら小規模事業所および飲食店など経済的困窮の事態は深刻差を増すばかりだ。

国の補正予算が可決し、5月中旬には全国の市区町村から全戸に向けて申請用紙が配布され、1律10万円の定額給付金がスタートするが・・・

各市区町村は、その取り扱いに対して万全を期すために、布陣を敷く作業に取り掛かっている。

布陣を敷くとは・・・

「布陣」は「戦いの陣をしくこと、また、その陣」なので、「布陣を敷く」は重複表現。「布陣する」「陣を敷く」など。(ネットより)

まさに各市区町村にあっては、一律の定額給付金を待っている皆さんに対して、どこの市区町村よりいち早く手際よく給付作業を進めたい思いであり、各首長にあっても職員を叱咤激励しながら「腕の見せ所」的に手柄を上げたい思いである。

そうなると、やはり競い合いであり、戦いと同じで・・・

定額給付金事業には、「布陣を敷く」という言葉が合っているのだろう。

お隣の坂戸市では、早くも独自に財政調整基金(市区町村それぞれに蓄えている貯金)から客が激減した飲食店や小規模事業所に一律10万円の臨時給付を決めたことが今朝の朝日新聞で記事掲載されている。

また、児童扶養手当受給世帯や経済的困窮などで就学援助の認定を受けた世帯へ1世帯あたり5万円も臨時給付するという。

北海道の東川町でも、定額給付金の前倒しで、早くも独自に一律10万円を給付することが昨日のネットニュースで紹介されており、市区町村それぞれに知名度を上げる施策と捉えていることが窺える。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

井上健次

Author:井上健次
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2398)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR