FC2ブログ
topimage

2020-05

いよいよ総理の声も - 2020.05.07 Thu

ゴールデンウィークが終わり、昨日のニュースではこの時期特有の交通渋滞が新型コロナウイルスによる緊急事態宣言によって、ほとんど渋滞が起きていない高速道路の状況などが報道されていた。

新幹線のホームでも、人影がないほどで・・・

インタビューを受けていた男性は、「貸し切りみたいですよ」と、答えていたのが印象的。

Stay home 今回の新型コロナウイルスの感染拡大によって、各都道府県知事の言動を評価するようになり、マスコミもそのような動きを利用するかのように毎日ネット上で見るようになってきている。

●1位/42票:吉村洋文・大阪府知事
「防護服不足への対応で雨がっぱの提供をお願いするなど、発想がわかりやすく見えやすい」
「自分の言葉で、一定の根拠を示し発信している。緊急時のリーダーとして、判断根拠が示されるのは安心できる」
「(兵庫との)往来の抑制など、一部勇み足もあったが、ライブハウスへの対応など、責任の所在が見て取れた」

●2位/24票:小池百合子・東京都知事
「すべてが大変ななか、広告塔としての役割をしっかり果たしている。それに国が追従している感じ」
「休業支援の実施、丁寧な情報発信と啓発に努めている」
「国よりも先行して対策を打ち出している」

●3位/23票:鈴木直道・北海道知事
「自分のリスクと責任で、独自の緊急事態宣言をされ、政府に振り回されず判断を続けている」
「『責任は自分が負う』という姿勢のもと、独自の対策をおこなうなど、国に先手を打っている」
「勇気ある決断」

ネット上に掲載された順位と評価だが、評価については他県の県議会議員によるコメントが寄せられていた。

今朝も携帯でネットニュースを見ていると・・・

「総裁にするなら吉村府知事」という見出しをみつけたが、それだけ新型コロナウイルスに対する対応の悪さと良さを人に当てはめての皮肉と捉えることができる。


ゴールデンウィークが終わり、連休中に国から出された「緊急事態宣言」の延長から、本日朝一番に「第13回 新型コロナウイルス対策本部会議」が開かれ、自粛要請の延長に伴って今月いっぱい公共施設の閉館を確認する。

国からの臨時交付金の限度額が埼玉県の市町村課から示され、これから各市町村ではその使途について忙しい作業となる。

スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

井上健次

Author:井上健次
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2398)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR