FC2ブログ
topimage

2020-05

6月議会に向けて - 2020.05.20 Wed

6月議会が今月の29日に開会するにあたり、本日(20日)議会運営委員会および議員全員協議会が開かれ、6月議会の日程と新型コロナウイルに対応する地方創生臨時交付金の使途について説明することができた。

臨時交付金については、新型コロナウイルスの自粛要請を受けて、休業などの対応から死活問題となっている商店や個人事業主を支援する内容も含まれており、さまざまな指摘をいただくこととなった。

5月29日の議会初日に追加議案として出させていただき、初日に採決をいただけるように準備を進める。

これによって6月1日に配布する広報もろやま6月号に臨時交付金についての詳細を町民皆さまに知っていただくことができるものと考えており、町議会の絶大なるご理解を戴けたことに感謝をしている。

本日、午後には国民健康保険運営協議会が開会され、6月議会に上程される国民健康保険事業に係る議案について審議をいただくことができた。

面白い提案をされた方がいる。

現在、各戸に配達されている「アベノマスク」の未使用を医療機関や介護施設で使ってもらえるように回収する組織があるという。

「是非、毛呂山町でも始めてもらえないか?」という内容。

悪い話ではなく、確かに「マスク」については、そろそろ出回ってきており、今更「アベノマスク」が届けられても使わない方が多いことが予想される。

ただ、国が配布したものを地方の市町村で回収することがあっては行政を進めるうえで問題であり、全国の事例を調べたところでは民間の組織が実施していることも確認することができた。

提案してきた方も、ご自身で調べたらしく、「民間が行っている事業でした」と、メールでの知らせを受けることとなった。

他にも、「ジョギングしながら、ゴミ拾い」や、「体内脂肪を減量したら、その脂肪の重さと同じ野菜や肉をプレゼント」というようなアイデアも戴くことができた。

新型コロナウイルスの関係から、アフターコロナという言葉が出回り始め、各地方公共団体は今後の新しい生活スタイルの提案で頭を捻っている最中。

新しい取り組みについて、多くの市町村の事例を参考に、毛呂山町ならではの取り組みを進めていきたい。



スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

井上健次

Author:井上健次
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2398)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR