FC2ブログ
topimage

2021-02

YouTubeで配信 - 2021.02.26 Fri

広報もろやまや町のホームページなど、広報広聴に対する媒体が主流だが、最近は動画によってお知らせなどを行っている自治体も増えてきた。

ということで、毛呂山町もいよいよYouTubeを使って町のいろいろな報告をすることとした。

その最初の収録が行われて、只今編集中となっている。

近々に皆様に見ていただくこととなるが、是非、多くの町民皆様に見ていただけるようにいい内容にしていきたい。
スポンサーサイト



議会全員協議会 - 2021.02.24 Wed

毛呂山町の3月定例議会における議員からの一般質問について、答弁書の打ち合わせが終わった。

ただ、平野議員からは・・・

井上町政について、と題して①3期目2年間での成果は如何かお伺いいたします。②町長として10年間で見えてきた町の課題を伺います。③今後の町政運営についてお伺いいたします。

という質問をいただいており、その答弁書の作成をしている。

新型コロナウイルス感染症の拡大によって、世界が大変な事態となっている最中、日本中の市区町村においてもすべてが計画通りとはいかず、厳しい行政運営である。

当然に町民皆様との約束である政策・公約の進捗においても難しい2年間となった。

ただ、企業誘致については大きく前進しており、その分野においては声を大きく答弁できるものと確信している。

道路改良では、西大久保地区の交差点改良があり、子育て関連ではもろっ子はぐくみ応援金制度、教育環境整備では小中一貫教育、町の公共施設にWi-Fi完備、通学路に防犯カメラ、河川の浚渫等々、答弁をするつもりである。

本日、議員全員協議会が開催され、令和3年度における予算の説明からはじまり、新型コロナウイルスへのワクチン接種、オートキャンプ場の指定管理者制度、など町側からの説明をさせていただく。

第2次採用試験 - 2021.02.20 Sat

毛呂山町の第2次職員採用試験の面接試験の日。

早朝の8時より、面接試験が開始される。

本日の受験者は、15名であり、個人面接と集団面接を行い、午後3時半にすべて終了する。

議会運営委員会 - 2021.02.19 Fri

3月定例議会を迎えるにあたり、本日、議会運営委員会が開会され、議会日程が決まる。

嬉しいのは、西大久保の交差点改良工事で本日信号機が設置され、さっそく可動したことにより、この交差点改良のほとんどが終了する。

越生町の新旧町長が来庁 - 2021.02.18 Thu

朝一、久しぶりに東京まで出張する。

帰庁は午後1時半を過ぎた頃だが、来客も多く、ゆずの里ケーブルテレビの「町長に聞く」の収録があったりと、慌ただしい一日となった。

夕刻になって、越生町の新井町長と共に2月25日より公務に就く新井新町長さんが挨拶に来ていただき、これからの町政運営について話をすることができた。

消防指令事務協議会 - 2021.02.17 Wed

本日も午前10時から西入間広域消防組合(毛呂山町、鳩山町、越生町で構成)の2月定例議会が開会され、上程した議案すべて可決いただき閉会する。

その議案の中、「埼玉西部地域消防指令事務協議会の設置について」が審議され、議員全員の賛成をもって可決したが、その内容について書き込む。

日本は地震国だが、それ以外にも島国特有の大きな災害は過去から多く発生しており、最近では地球温暖化によるゲリラ豪雨など大きな水害は頻度と規模は増大するばかりである。

昨年から世界を震撼させている新型コロナウイルス感染症においても、ワクチン接種の段階となったが、まだまだ終息には時間を要するもの、医療とそれに関連する消防・防災行政は常に万全なる体制を布くことは当然である。

その消防行政において、必ず定期的に訪れている大きな対応に「消防通信システムの更新」がある。

過去では、約10年前にアナログ通信からデジタル通信に大改革がなされたが、通信機器は約10年ほどで新しい機器に更新しなければならないほど技術革新しており、その更新に係る費用は何億円と高額なために単位消防組合ではなく複数の消防組合が共同での更新が選択されてきた経緯がある。

この管内の西入間広域消防組合では、約7年まえに坂戸・鶴ヶ島消防本部と共同での通信業務を進めることとした。

つまり、毛呂山町、鳩山町、越生町にお住まいの皆さんが急病や火事などで「119番通報」をされると、それを受けるのは坂戸・鶴ヶ島消防本部内にある通信指令室であり、そこから西入間広域消防本部(毛呂山町、鳩山町、越生町を管轄)に指令が入り、消防隊の出場となっている。

今回の通信指令システムの更新では、さらに広域での共同運用が計画され、西入間広域消防組合の2月定例議会において「埼玉西部地域消防指令事務協議会」の設置に関する議案を上程、議員全員の賛成をもって可決。

これにより、今後は埼玉西部消防局(所沢市、飯能市、狭山市、入間市、日高市で構成)、坂戸・鶴ヶ島消防本部(坂戸市、鶴ヶ島市で構成)、比企広域消防本部(東松山市、滑川町、嵐山町、小川町、吉見町、ときがわ町、東秩父村で構成)、および西入間広域消防組合(毛呂山町、鳩山町、越生町で構成)の4消防による通信指令の共同運用を目指すこととなった。

大きなスケールメリットが期待されており、これについて明日書き込みたい。

YouTubeで発信 - 2021.02.16 Tue

昨日のまとまった雨、夕刻には大きな虹がかかり、昨日のフェイスブックには何人ものFB仲間が虹の写真をアップ、久しぶりに感動ものの虹を見ることができた。

そして、今日は春を感じる素晴らしい晴天となって、日本の四季の移り変わりを感じるばかり。

最近、「日本の四季がなくなった」的な話を聞くが・・

私などは決してそのような感じを受けてなく、昔からその時期、その時の季節の移り変わりを肌で感じている一人だ。

お正月には晴天が続き、大寒が来て、立春を迎え、梅の花が咲き、ウグイスが鳴き始める。そうこうしていると3月の彼岸を過ぎて菜種梅雨があり、桜の開花情報を聞く候。

ゴールデンウィークには藤の花やクレマチス(テッセン)が咲き、梅雨前の5月には、真夏を思わせる暑い日があり、雨量の差はあるが必ず梅雨が来て、7月上中旬には決まって梅雨明け。

確かに昔は、梅雨明けには大きな夕立があったもの、それが昨今無くなったのはなぜだろう。

「暑さ寒さも彼岸まで」は、よく言ったもので、9月のお彼岸には日高市の巾着田で彼岸花が咲きそろい、10月には田んぼの稲刈りなど実りの秋を迎え、11月の紅葉と初霜、本格的な寒さの12月に冬の匂いを感じる。

最近、YouTubeで日本で生活する外国人の動画を面白く見ており、特にロシア人の方々のYouTubeでは「もう、ロシアには帰る気がしない」などの発言が一致していることに驚く。

ロシアでは、まず治安が悪い、給料が安い、時間を守らない、自己主義的等々。

日本に住むと、治安がいい、給料がいい、電車でも約束事でも時間がしっかり守られている、人々が親切でやさしい、食べ物が豊富で美味しい等々。

そんなロシアの方々が話している日本のいい所に、「日本の四季」が挙げられていて、日本人として嬉しく思うし、世界に発信できる「日本の豊かな気候」だろう。

発信するツールは、約10年も前からYouTubeであり、YouTubeチャンネルの必要性を感じていて、町の動きやイベント情報等々、YouTubeでお知らせできる体制を考えていきたい。



本日(16日)、午前10時から「毛呂山、越生、鳩山公共下水道組合」の2月定例議会が開会され、上程した議案すべて可決をいただき、令和3年度に向けての下水道事業を進めることができる。





郵便局と協定締結 - 2021.02.15 Mon

例年のごとく「三寒四温」の候、今日の雨は「恵の雨」。

今年の冬は天候も良く、雨が極端に少ないことから、春先の田植えの頃に水不足が心配されていたが、この雨で治水作用も多少なりとも改善される。

一雨ごとに暖かさを増すこの時期だが、越生町では、越生梅林が開園の頃を迎えた。

今年は新型コロナウイルス感染症の関係から入園料を無料として、イベントなどは行わない話を聞く。

駐車場は有料とのことだが、越生町の観光協会は毎年度の収入が減少することで、令和3年度は新たな事業展開など難しい一年となるだろう。

毛呂山町でも、町の観光協会が2月1日に法人格を得た観光協会となり、2月12日に第一回の理事会を開会し、今後の事業内容などの協議がされたとのこと。

お隣の越生町の観光協会においては、だいぶ以前に法人格を得て事業を進めており、今後、毛呂山町も近隣の法人格を持つ観光協会を手本に新たな事業を進めることとなる。

本日、午後2時から「包括的連携協定」をこの地域の郵便局と締結することとなり、越生郵便局、毛呂山郵便局、長瀬郵便局のそれぞれの局長に来庁いただき、協定書の締結式を執り行うことができた。

今までも「見守り活動」や「道路状況などの指摘」および「不法投棄などの通報」など、さまざまな関わりによる協力をいただいてきたが、この包括的連携協定の締結によって更に安全・安心な町づくりに期待する。



二酸化炭素排出ゼロ社会 - 2021.02.12 Fri

埼玉西部環境保全組合(鶴ヶ島市、毛呂山町、越生町、鳩山町で構成)の2月定例議会が午前10時より開会し、上程された補正予算および令和3年度一般会計予算が議員全員の賛成をもって可決決定をする。

組合議員からも質問があったが、新ゴミ処理施設建設に係る償還金が令和6年から始まり、令和7年から約10年間は構成市町の負担金が大幅に上がることとなる。

構成市町はいずれも財政難であり、他を切り詰めながら負担金の捻出となり、住民サービスの低下は免れない事実となるのは明白である。

今後、「ゴミ処理施設の運用に対してどのようにしていくべきか」が、当然に担当者や正副管理者会議で協議が続けられるが、有料化も含めてゴミ減量化施策の大きな改革が必要である。

消防団にも指示 - 2021.02.11 Thu

鳩山町で3個所、続いて越生町の上谷でも、あきらかに不審火である。

例年より雨の日がなく、空気が乾燥しており、北風も強い、非常に心配な時期を迎えた。

消防署による警戒のための啓蒙活動は行っているが、早急に消防団にも警戒態勢を指示をする。



消防士への採用試験 - 2021.02.10 Wed

本日(10日)午前8時45分から、西入間広域消防組合消防本部の採用試験(第二次)面接試験を行う。

通常では、9月~11月頃に職員の採用試験が行われ、その合否については試験後おおよそ1ヶ月程度で受験者に知らせるものだが、公務員あるいは消防士を希望し、残念ながら「桜散る」となった受験者に対して第二次採用試験を行う市町村も多い。

今回、西入間広域消防組合消防本部の採用試験は、その第二次採用試験であり、この地域から相当に遠方から受験される若者ばかりが目立った。

本日、11名の受験者への面接試験を行ったが、第一次の採用試験において、受験した消防本部を聞くと・・・

東京消防庁が一番多く、次に横浜消防局だろうか。

その次は、受験者の近隣消防本部ということが判る。

どの受験者も、「もし、この採用試験で不合格となったとしても、また来年度も消防士になる夢はあきらめない」という話を聞くことができ、頼もしさを感じる時間となった。

使命感を持って、これからの日本の安全・安心への仕事に就けるように精進を祈る。



バス停の木製ベンチ - 2021.02.09 Tue

「足、どうかしましたか?」

歩いていて、よく言われることの一つ。

先月に埼玉医大の整形外科で診察していただき、今日は両膝のレントゲン撮影をしての診察を受ける。

右足の膝は既に軟骨がなくなり、膝の骨どおしがあたっ骨が削れている状態、「よく、ここまで耐えてきましたね」と言われる。

左足の膝についても、右足をかばう歩き方から、同じように軟骨がわずかとなり痛い最中を察する診断を受ける。

もともと学生時代は陸上部で、短距離および走り幅跳びなどの競技の選手だったが、30歳の時に仕事で右足の膝の十字靭帯を損傷してから、加齢による筋肉の衰えなどが今日の膝痛の原因である。

多くの高齢の皆さんが大なり小なり膝などの痛みを抱えており、何かの集まりでも「畳の部屋と座布団」は敬遠されるようになり、「テーブルと椅子」という会場設定にホッとした笑みを見る時代となった。

毛呂山町の高齢者施設「山根壮」における発表会などに招かれた際「座るのが大変でしょうから、今後は椅子をできるだけ用意するようにしましょう」と挨拶をさせていただき、多くの拍手を戴くように・・・

高齢の皆さんの共通の思いを知ることができる。

今、毛呂山町で山林の杉などに「皮むき間伐」を実践していただいている「フォレスターズプラス」の皆さんが、間伐材を使用したベンチを制作し、循環バスのバス停に設置していただき、循環バスを利用される方々から喜びの声を聴くこととなった。

本当に嬉しいことで、ボランティアと言っていいほどの事業展開に感謝するばかりである。

間伐材を利用することは「里山資本主義」にも繋がり、更なる事業の膨らみと無限大の発展へと期待は大きい。





新井康之候補 当選 - 2021.02.08 Mon

越生町の町長選挙が執行され、4人の立候補者という激戦となった。

新井康之    1,933票
岩崎てつや   1,883票
きむらまさみ  1,377票
岡部やすお     500票

投票率  男性 57,12% (前回63,34%)
      女性 59,27% (前回65,75%)
      計  58,20% (前回64,56%)

激戦を勝ち抜いた新井康之候補には、さっそく祝電をお贈りし、入間郡町村会また埼玉県町村会として共にいい町づくりができるように協力体制を築いていきたい。

新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金 の第3次実施事業の検討会議が行われる。

忙しい話で、本日の午前中には県に申請しないといけない関係から、ぎりぎりまで内容について検討を行う。

午後、埼玉県市町村総合事務組合議会の定例会があり、さいたま市に出張となる。


頑張れ 瀬戸大也選手 - 2021.02.05 Fri

やっと、この日を迎えることができた。

昨年末まで活動停止処分を受けていた競泳男子の瀬戸大也(26)が4日、東京アクアティクスセンターで開幕したジャパンオープンの400メートル個人メドレーで復帰し、4分12秒57で優勝した。

所属名は「TEAM DAIYA(チーム・ダイヤ)」。

処分が明けた今年、競技活動をすることに支障はないものの、大会出場に向けては日本水連の規則により、競技者は所属先を日本水連に登録しなければ大会に出場することができない。

また、競技団体として登録した企業の所属を年度途中で変更することはできない。

結果として、瀬戸が他の企業と契約を結んだとしても、3月いっぱいは所属先として登録できないため、大会に出場できない状況が生じており、今回の所属名「TEAM DAIYA」となったようだ。

日本水連によると、学校や企業以外の任意団体の登録は年度中でも可能。

任意団体の登録について日本水連では・・

「たとえその団体にプールなどの練習環境がなかったとしても、特段審査することはない。選手に応じて判断するということでもなく一律に認めている」とのこと。

瀬戸大也選手のコメントでは・・・

「いかに自分が恵まれた環境にいて身勝手な考えをしていたかを痛感しました。目の前の練習や大会に集中して全力を注いでいきます」。

と、オリンピックに向けての新たな決意を話した。

瀬戸大也選手の出身町である毛呂山町として、しっかりと応援していく覚悟である。


坂戸地区衛生組合議会 - 2021.02.04 Thu

今日は、午前10時から坂戸地区衛生組合議会が開会し、上程された6議案のすべてが全員賛成をもって可決決定をする。

一部事務組合の定例議会などで構成市・町の市長・町長が議会の開会前に控室で出る話は、新型コロナウイルス感染症に対するワクチン接種の事であり、まだまだ各市町村が難しい対応に追われている状況。

毛呂山町では、一昨日、越生・毛呂医師会の会長に面会し、ワクチン接種に対する協力体制についてお願いをさせていただき、本日(4日)は、埼玉医科大学病院の病院長に協力体制のお願いをさせていただく。


坂戸市の名誉市民となられている宮崎 雅好(みやざき まさよし)氏がお亡くになり、本日のお通夜に伺うこととした。

•生年月日:昭和2年1月10日(令和3年1月26日逝去:享年94歳)
•主要経歴 ◦坂戸町議会議員:昭和30年1月から昭和41年9月
◦坂戸町及び坂戸市収入役:昭和41年9月から昭和54年12月
◦坂戸市長:昭和55年5月から平成12年5月

坂戸市の市長を5期務められ、坂戸市の発展に大きく寄与された偉人であり、筑波大学付属坂戸高等学校の顧問も努め、私が筑波大付属坂戸高校のPTA会長時代に大変お世話になった方。

穏やかな方で、人の繋がりを大事にする方だったこともあり、一般弔問は午後4時からとのこと。

夕方の6時からは、家族葬でのお通夜という連絡をいただき、午後4時からの弔問とする。





町政報告書が仕上がる - 2021.02.03 Wed

原稿の差し替えや写真の撮り直しなど、度々と変更箇所を直しながら町政報告書の校正を終えることができた。

「コロナ対策と防災に重点」を副題とし、表面にコロナ対策関係、裏面の防災関係とした。

最終チェックを行い、印刷所へデータを送り、来週には新聞折り込みとなる。

本日、午前中に政策会議が行われ、LGBT関連と障害者支援関連について今後の方向性が決まる。

午後、広域静苑組合(越生町、鶴ヶ島市、毛呂山町、鳩山町、坂戸市で構成)の2月定例議会が開かれて、上程された6議案がすべて全員の賛成をもって可決決定する。




予想はできない - 2021.02.01 Mon

町政報告書の校正に時間がかかっている。

新型コロナウイルス感染症によって、全世界的に計画変更を余儀なくされ、大きな起動修正をした令和2年。

当然に毛呂山町においても様々なところで、年度当初に予定していた事業が見直されたり中止が余儀なくされた。

町政報告にあっては、新型コロナウイルス感染症への対策と防災という2つを柱に町の動きを町民皆様に知っていただくように構成をする。


明日は、お隣の越生町の町長選挙が執行される日。

今朝の新聞には、立候補を予定している候補者4人の顔写真とそれぞれのまちづくりへの思いが記事となって紹介されており、4人も立候補するという越生町が始まって以来の乱戦となるであろう選挙戦を報じた。

毛呂山町と越生町は昔から強いつながりを持っており、私の母も越生町が出身で親戚も多い。

同じ入間郡町村会として当然に気になる選挙であり、新しい町長が誕生したのちも、今まで以上に両町の発展のために協力しあってのまちづくりを進めたい。

聞くところでは、出陣式は候補者どおしの申し合わせで行わないとのこと。

明日、告示となり、立候補の届け出を済ませたのちは、そのまま選挙戦に入ることも聞いている。

町長選挙と議員の補欠選挙も加わり、越生町は慌ただしい5日間となるだろう。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

井上健次

Author:井上健次
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2612)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR