FC2ブログ
topimage

2019-09

オリジナル「もろやまスクリーン」完成で歓声! - 2012.01.31 Tue

えっ、50年後には、1億2千万から8千500万人?

そんな未来像が、改めて突きつけられた今朝の読売新聞3面の社説を掲載する。

厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所が、2060年までの人口推計を公表した。5年に1度、国勢調査の結果をもとに算出している。

現在約1億2800万人の人口は、毎年20万~100万人の規模で減り続け、半世紀後は8674万人にまで減少するという。

年齢別では、14歳以下の若者が全体の9・1%に減る一方、65歳以上の高齢者の比率は39・9%に上昇する。世界でも突出した少子高齢化の構図が鮮明になる。

今回の推計で、女性が生涯に産む子どもの数に近い「合計特殊出生率」の予測は、わずかながら上方修正された。

現在30代後半の女性が、これまでためらっていた出産に意欲的になり、実際の出生率がやや上向いているためだ。

出生率は今後いったん下がるものの、その後上昇し、60年に1・35になる。それでも人口維持に必要な水準2・07には程遠い。

人口減の流れにできるだけ歯止めをかけるには、安心して子どもを産み、育てることができるよう、政策で支えることが大事だ。

政府は、社会保障と税の一体改革の中に「子ども・子育て新システム」の整備を掲げている。


と、記事の前半部分だが、その社説のもう一つが「2大政党の論戦がお粗末だ」と題して、社会保障と税の一体改革に対して拮抗する民主・自民の様子・・・、
それを尻目に第3極の盛り上がりとなりそうな橋下徹大阪市長率いる大阪維新の会を巻き込んだ新党結成を模索する石原慎太郎東京都知事の記事。

全体を通して「お先真っ暗な日本」を表しているように読んだ。

ここ最近の野田首相の発言、「年金試算は公表しない」とした関係から、消費税増税という「大きな幹」対して関連する「幾つもの枝」の部分にまで波及し、このままでは収拾がつかない状況となりそうだ。

いわゆる、後手後手となっている体質「官僚からの脱却と政治主導」を反省し改善すればいいのに、またも執行部だけの判断が裏目に出ている感じがしてならない。

昨日も、お隣の日高市で衆議院解散・・総選挙をにらんだ集まりがあり顔を出したが、3月説より「関連法案で行き詰る」という道筋で「6月解散説」が濃厚とのこと・・しばらく、国会の動向を注視していきたい。

話しが変わり・・毛呂山町の職員は、すごい !

今日、ずっと担当課が進めていた「生活の手引き・困ったときの便利帳」の製作における協定の調印式があるが、その調印会場の大型スクリーンを職員が何人かで仕上げた。

「ちょっと、見てもらえますか?」と呼ばれて、思わず「おー」と歓声・・

あまりの出来栄えに、「下のロビーに張っておいたら・・」と言ったくらいで、「50パターンのもろ丸くん」と青地に白抜きの「もろやま」が千鳥格子となったスクリーンだ。

3月までの年度内に、まだ4つの災害協定を結ぶ予定があり、その調印式でも活躍しそう・・「お金をかければなんでもできる」という時代に、コツコツとお金をかけずに手作業で作り上げてくれたことを高く評価したいし、そこに意味・意義があることだ。

仮称「もろ丸くんスクリーン」が活躍できる・・「次なる行政運営を考える」そんな昨日となった。














スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kenjiinoue.blog90.fc2.com/tb.php/104-cee0b73d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

一晩に、3箇所の配送が終わる時は、日が昇る頃 «  | BLOG TOP |  » 今年、一番の寒気団到来・・春を待つ

プロフィール

井上健次

Author:井上健次
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2235)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR