FC2ブログ
topimage

2020-05

3人の運気の強さ - 2015.12.17 Thu

2日目は、シティープロモーションとして進めている静岡県の小山町(おやまちょう)、小山町役場に着いたのが午前10時前だったか・・・

副町長を筆頭に多くの課長さんや職員の出迎えを受ける。

なんと、副町長は2人いて、1人は町長による「特命副町長」ということで、小山町の込山(こみやま)町長が県議会議員の時の経験から、県庁での職員の状況を町に取り入れているという。

各課のネーミングも面白く、毛呂山町にも是非取り入れたい課が多く・・・参考にしたい。

人口は2万人を超えていたが、年々と人口減少時代となり、現在は2万人を下回るようになってきたとか・・・

それでも、年度当初の予算規模は90億円で、財政力指数が0,928に驚き、町税は46億円相当、公債比率は10,7%とやや高く、高齢化率は25%と説明を受ける。

富士山の須走口は小山町とのことで・・・

つまり、富士山頂の一角の住所は小山町であり、富士スピードウェイも小山町で、年間の観光入込客数は400万人を超えると言う事にも頷けた。

とにかく小山町の町づくりの取り組みは驚くことばかりであり、本当にいい勉強となる。

今後、どのように毛呂山町として取り入れていけるかを考えていきたい。

午後に入り、富士スピードウェイの視察では、広いサーキット内を車で回り、最後はメインの建物の中の各部屋に案内いただき、説明などを聞くことができた。

テレビで見るレースの裏側を見ることができ、今後の自動車レースなどを見る視点が変わったようだ。

「午後2時、富士スピードウェイを出発」という帰路の予定が20分ほど遅れて、2時20分となったが、その遅れが面白い展開にと。

須走インターチェンジから中央道に乗ると、大月からの1区間が「通行止め」との表示・・・

しかたなく、大月で高速を降りることとなったが、本線と大月インターチェンジの降口との分岐点まで渋滞でノロノロと来た時だ。

突然それまで「通行止」と電光掲示板で表示していたトラックと、その前で大きな黄色の旗を振っていた警備員が旗振りを止めて他の警備員と話し始め、一人が電話でやり取りをしているのが見える。

次の瞬間、「通行止」の電光掲示版のトラックがバックしはじめて路肩に寄ると、旗振りの警備員が「こっち、こっち」と手招きをはじめ、それを見た前方の分岐点近くの車列が本線に向きを変え、走り始めるという・・・

「通行止」が解除される劇的な場面を見ることとなった。

常日頃、高速道路を頻繁に使用してないが、たまたま視察で走った中央道で、まさかの「通行止」に遭遇し、尚且つ「通行止」の解除される現場を見れるとは・・・なんとラッキーなことだろう。

しかも、富士スピードウェイの出発が予定通りの「午後2時」だったら、当然中央道の大月インターチェンジで本線から降りていたのだから・・・・

20分出発が遅れたことで「通行止の解除」に遭遇できたこととなる「運気」の強さだろう。

入間郡町村会は、三芳町の林町長、越生町の新井町長、そして毛呂山町の私で、3人の「運」の強さが合わさっての「結果」で、車中の会話は最高潮となったのは当然。

その後の高速道路は、八王子ジャンクションの手前の一部でノロノロがあったくらいで、1時間ほど遅れて、毛呂山町役場に着いたのが夕方5時30分となった。

結果、午後6時から予定されていた「民生・児童委員会の懇親会・忘年会」に余裕で間に合うことができた。

今回の入間郡町村会の県外視察は、得るものが多く、内容も濃く、最後は幸運を引き寄せて・・・

思いで深い2日間となって、無事に終わることとなる。
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kenjiinoue.blog90.fc2.com/tb.php/1289-f16f2622
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

久しぶりの通常公務 «  | BLOG TOP |  » 静岡県を視察

プロフィール

井上健次

Author:井上健次
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2376)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR