topimage

2018-07

お彼岸の中日に、戒め - 2018.03.22 Thu

お彼岸の中日の昨日。

我が農場では、今、春夏野菜の育苗が忙しく、2月に鉢上げしたトマトとナスの苗の「ズラシ作業」で、3寸半の鉢に植えられたそれぞれの苗の間隔を広げる作業の時期。

そして、第二弾のトマトやナスの苗の鉢上げ、ウリ類のキュウリやカボチャの種を撒いたりと、休んではいられない時期だ。

朝から、今までホウレン草や小松菜を栽培していた自宅前のハウス内で、残っている葉物の片付けをした後に、トラクターで耕して、平らに均平する作業を段取りし、トラクターで耕す前に土を柔らかくするために潅水チューブを使って1時間ほど水を撒いた。

「1時間、水が浸み込むまで時間があるな」と、現在進めている「苦林地区の不耕作地の竹を切って来ようか」と、軽トラにチェンソーを積んで、苦林地区へと向かう。

もともと、その竹林となってしまった不耕作地は、町内の大類地区にお住まいの老夫婦が地権者だが、訪問して竹林の整備について聞いてみると「身体が不自由で、作業もできず、誰かにお願いしたくても経費の負担が厳しい」と、困惑した様子。

自分が竹林の西側の田の管理を依頼されている事や、苦林地区でも「その竹林が整備されれば助かる」という近所の方々の声があったりで、いよいよ地域の皆さんの協力をいただきながら、人海戦術となった。

雨で、作業はしずらいが自分はなかなか近所の皆さんと一緒に作業する時間も取れないことから、雨カッパを着て、「短時間でも・・」と、竹を切り始める前に竹林の東側にある大きな桑の木の伐採から始める。

順調に桑の木を切っていて、斜めの太い幹の根本を切った時のこと・・・

切り終わって、倒れる桑の木から離れた瞬間に、まだ回っていたチェンソーの刃が左足のカッパにあたり、カッパに引っかかった事から一瞬で左膝を切ってしまった。

カッパが切れ、カッパの下のズボンが切れ、ズボンの下の左膝から血が流れた。

「やっちまった」と、自宅に戻り、消毒と止血をして、埼玉医大の緊急外来に電話すると・・・

いつも相当に待たされる電話が直ぐに繋がって「20分後に来てください」と、受付の早い対応。

緊急外来は、新しく建設された東館なので、東館に行き、受付をしてから、検温と血圧測定した後に処置室から呼ばれる。

40歳代の担当医が、名前と年齢を確認し、カルテと怪我の場所を交互に診ながら、「あれ、井上さん以前にも同じような時期に、同じ左膝をチェンソーで怪我して縫ってますよね?」と聞くので「すいません、学習できてないものですから、また、やってしまいました」と答えたが、笑いにもならない。

「職業は、んん・・町長さん?」

ずっと黙っていたが、自分の職業がカルテに記載してあることが判った。

怪我を診ながら、「チェンソーのような刃は、傷口をガチャガチャにしてしまうし、このまま縫っても上手くくっかないから、中に残っている皮膚は切り取って、両脇から皮膚を寄せて縫いましょう」という説明。

処置する前の麻酔の注射が痛かったが・・・

その後は麻酔が効いて約20分ほどで施術が終わり、化膿止めの点滴が30分、会計を済ませて、帰宅したのが正午を15分ほど過ぎた頃か。

怪我をしたのが、午前9時20分頃だったので、約3時間のロスタイムとなってしまい、尚且つ左膝を8針ほど縫ったことで、忙しい時期の仕事に支障となった。

2年前、同じようにお彼岸の中日だった。

我が家の裏山で大きくなって隣地に落ち葉で迷惑をかけていた樹齢40年ほどの椚の木を伐採したが、その時も、チェンソーで同じ左膝を切って埼玉医大の緊急外来で縫っていただいたが・・・

お彼岸なのに、忙しいからとお墓参りにも行かないで仕事をしていた罰があたり、一つの戒めなのだろう。

病院からの帰り、チェンソーを買った工具店に寄り、チェンソーの作業時に怪我をしないように身体を保護するズボンのカバーを購入したが・・・

忙しくても先祖を敬う時間と、改めて余裕が持てる生活を考える一日となった。








スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kenjiinoue.blog90.fc2.com/tb.php/2023-ed71aca7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

話題の人の講演会 «  | BLOG TOP |  » ロゼット化を脱する春

プロフィール

井上健次

Author:井上健次
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1972)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR