FC2ブログ
topimage

2018-09

椚(くぬぎ)の原木栽培で肉厚 - 2018.03.29 Thu

例年になく、厳しい冬と思ったいたら、なんと、3月だと言うのに初夏を思わせるような暖かさ。

桜の花が一機に咲いてしまい、どこに行っても「今年の桜は、入学式には散ってしまうね」が挨拶の言葉になった。

先日、菜種梅雨でまとまった雨が2回降ったことから、我が家の裏山に置いてある椎茸の原木も湿って、今、椎茸が豊作である。

2年前に裏山の椚(くぬぎ)の木を切り、おまけに左膝もチェンソーで切ったが・・・

その時の椚の木に、5月の連休を使って椎茸の菌を植菌し、昨年の秋から椎茸が出始めて、今年はピークになる年。

今年も有休農地の木を伐採しており、その中に椚の木が数本あったので、今回も5月の連休を使って植菌しようと考えている。

本当は、椎茸の原木栽培には、楢(なら)の木が最適だが、椚の木に植菌すると楢の木より肉厚の椎茸となるので、結構、付加価値が付いてお薦めの椎茸となる。

ただ、椚の木は、結構太い木が多いことから、原木に玉切りした後も重くて、作業が大変なのが欠点。

また、肝心な「椎茸栽培に向いているか?」ということになると、楢の木の方が椚の木より、椎茸の出がはるかにいいので、やはり椎茸栽培を生業にしている農家では、楢の木の原木栽培が主である。

今年、一番に伐採している木が欅(けやき)で、欅を原木としたときにどんなキノコが栽培できるか・・・、では、ヒラタケやナメコなどで、相当な欅の木なので、「ナメコ栽培でも・・」と考えている。

ただ、ナメコは水分を含むとヌメリが出て、ゴミが付きやすいので、原木栽培では結構面倒なことが判っており、ヒラタケ栽培あたりが無難だろう。

自分は、すぐに専門家に問い合わせるのが癖なので・・・

早速、新たなキノコ栽培に向けて動き出そうか。






スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kenjiinoue.blog90.fc2.com/tb.php/2029-a1d2642d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

退職辞令の一日 «  | BLOG TOP |  » いろいろと思案中

プロフィール

井上健次

Author:井上健次
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2008)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR