FC2ブログ
topimage

2018-09

ちょうどいい 毛呂山 - 2018.04.05 Thu

今朝、4月5日の読売新聞に・・・

毛呂山 あふれる魅力発信  移住・定住増へ 住宅情報も  ポータルサイト開設

という見出しで、毛呂山町が開設した移住・定住総合ポータルサイトの紹介がされた。

ポータルサイトの名称は・・

「ちょうどいい 毛呂山」

で、この名称もずいぶんと担当が頭をひねって決定したもの。

午後からは、埼玉県町村会の役員会議が県庁近くの教育会館で開催され、出席する。

平成30年度の自治功労者の選考であったり、平成31年度における県への予算編成や要望実施要領などが決められ、その後、埼玉県町村会が今年で設立100周年となる年なので、その式典関係の内容が決定する。

その後、町村会情報システム共同化推進協議会の理事会となり、今まで町村会情報システムの共同化に参加していなかった毛呂山町と杉戸町が今回の理事会から共同化に加わることとなり、入会にあたっての挨拶をさせていただく。

既に、4年目を迎える「共同化システム」いわゆる「クラウド」だが、クラウドに向けての調査段階では埼玉県内の23町村で一番安価なシステムを組んでいた毛呂山町だったために共同化に参加せず、他にも4町が加わらず、スタート時は18町村でのシステム共同化となった。

その後、番号制度、法制度改正、社会保障関係等々のシステム改修が続き、システム共同化を進める18町村が安価となり、単独でのシステムを堅持したそれぞれ5町の負担が増大してきた結果、今回、毛呂山町と杉戸町がシステム共同化に加わる事となった。

今まで、各町村においては庁舎内のシステムを組むのに複数年での契約をしており、毛呂山町においては町村会がシステム共同化を進める段階で契約途中であったことも影響し、平成31年に今までの契約が終了することから、システム共同化に移行するのは、平成31年からとなる。

それまで毛呂山町が採用し、組み上げてきた庁舎内のシステムは全国にも誇れるものだったが・・・

ネット時代の急速な進化に加えて、システムの共同化によるスケールメリットが数年間の試みで立証された格好、それを真摯に受け止めての判断である。

平成31年、システム共同化に向け、対応する職員にあっては大変なる負担が発生するが・・・

税財源を抑制するためにも、しっかりと対応していきたい。



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kenjiinoue.blog90.fc2.com/tb.php/2035-5faf833d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

桜 ライトアップ事業 «  | BLOG TOP |  » アルコールとさよならできるか?

プロフィール

井上健次

Author:井上健次
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2008)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR