topimage

2018-07

ボランティアの皆様 - 2018.04.19 Thu

昨日、日本赤十字社埼玉県支部 毛呂山町分区  毛呂山町赤十字奉仕団の平成30年度 第45回 総会が毛呂山町役場の201会議室で開催された。

毛呂山町赤十字奉仕団 平成30年度の会員数は138名であり、毛呂山町消防団の団員数は155名だが、欠員などがあるために実質では、赤十字奉仕団の方が会員数が多い組織と言える。

赤十字奉仕団の総会では、まず最初に信条の唱和からはじまる。

1、すべての人々のしあわせを願い  陰の力となって人々に奉仕する。

1、常に工夫して、人々のために  よりよい奉仕ができるよう努める。

1、身近な奉仕をひろげ すべての人々と手をつなくいで 世界の平和につくす。

というものだが・・・

心が洗われるような思いである。

全国で発生する大災害の時には、まず、真っ先に日赤奉仕団の募金活動など人道支援が開始されるが、それだけでなく年間を通して日赤奉仕団の事業は多岐に亘るものである。

保存食である「梅干し」作りからはじまり、炊き出し実習を通して町の防災訓練でも炊き出し部門の請け負い、山根荘などの高齢者施設での敬老芸能慰問会の実施、赤い羽根共同募金協力、社会福祉協議会主催ふれあい広場に参加協力、光の家バザー参加と、ボランティアとしての献身的な仕事等々。

それ以外にも、細かい事業が多く、日赤奉仕団の皆様には敬意と感謝を申し上げた。

今日は、午後から民生委員・児童委員協議会の総会が開催される。

現在、毛呂山町の69行政区において75名の民生・児童委員さんが活躍いただいているが、少子高齢化社会において各地域での問題はさまざま且つ対処が難しい事案もあり、ただただ民生・児童委員の皆様に感謝を申しあげるばかり。

平成30年度、民生・児童委員の皆様にとって平穏な一年であることを祈念する。





スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kenjiinoue.blog90.fc2.com/tb.php/2045-6f4056f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

歯を食いしばって、伐根作業 «  | BLOG TOP |  » 捕らぬ狸の皮算用

プロフィール

井上健次

Author:井上健次
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1972)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR