FC2ブログ
topimage

2018-12

完熟系トマトは日持ちがいい - 2018.04.26 Thu

昨日の食生活改善推進員協議会の総会では、挨拶で「コピー食品」についてのお話をさせていただく。

あわせて山芋の話やトマトの話もしたが・・・

さすがに食生活改善推進員という皆さんの会なので、皆さんが感心を持って聞いていただけたようだ。

そのトマトの話を少々・・・

昔のトマトは、ファースト系が主流で、品種改良にあっては愛知県だったのではないだろうか。

ファースト系のトマトの特徴は、実が少し縦じわが生じたり、実の先端が尖ったりしていて、酸味もあり完熟させると甘味と酸味の調和がいいトマトで、欠点は完熟させると実が柔らかくなってしまい、切れない包丁ではトマトの皮が押されて実が潰れることだ。

そんな折に登場したのが「桃太郎」などの完熟系のトマト。

これは、赤く完熟しても実が硬く、酸味よりも甘味が強いトマトである。

この完熟系のトマトが主流となった背景には、「八百屋さんが完熟系トマトを好んだ」ということで・・・

店先に並べて置いても、完熟系トマトは柔らかくならないから日持ちがいい。つまり、一日や二日、売れなくても商品価値が下がらないので、ロスがない。

「完熟系のトマトじゃないと、次第に柔らかくなって、最後には捨てるようだ」

ということで、八百屋さんが市場でトマトを買い求める時に、完熟系トマトを競って買うようになったことから、ファースト系トマトから完熟系トマトの栽培へと、農家側が切り替えたことが大きな要因である。

今は、トマトの需要が右肩上がりで・・・

品種も相当な数が出回り、トマト本来の持っている「リコピン」という成分も健康のために効果があることが知られるようになった。

私は、元々トマトの栽培農家だから、美味しいトマトが作りたくているが、なんといっても「こだわれるだけ、こだわった栽培をすればトマトは必ず恩返ししてくれる作物」である。

こだわったトマト栽培、今年はなんとか手掛けてみたく・・・考え中

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kenjiinoue.blog90.fc2.com/tb.php/2049-765cc687
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

平成30年度 区長会がスタート «  | BLOG TOP |  » コピー食品の多さに驚く

プロフィール

井上健次

Author:井上健次
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2053)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR