topimage

2018-07

遺族会の総会 - 2018.05.23 Wed

少し下葉が黄ばんで、老化気味で忙しかったコシヒカリの稲苗が、今朝の田植えですべて片付いてホッとした朝。

次は、まだ若いコシヒカリの苗が若干あって、その後に彩のきずなと彩のかがやきを順次種まきしながらの田植えである。

今朝は、定期的に心臓を診ていただく受診日で、予約してある埼玉医大国際医療センターに午前9時の5分前に着いた。

予約通りに受診し、先生の問診を受け、血圧は上が116、下が70、脈拍60で「問題なし」と、太鼓判。

先日、上田知事の「とことん訪問」の時も・・・

体内脂肪などを瞬時に計測する機器で調べてもらったが、すべてが「標準値」で、トレーナーの方がそれを見て、絶句したほどの健康体だったことから、「毎日の田植え作業が、体調を整える適度な運動」と実感した。

今日は、午後4時から毛呂山町遺族会の総会があり、来賓としてお招きいただいているが・・・

自分も遺族会の会員であり、会員数が減少している遺族会の今後についても考えなければと思案している。

遺族会とは・・・

日本遺族会は、「大東亜戦争」戦没者遺族の全国組織として昭和22年(当時は、日本遺族厚生連盟)に創設され、そして、28年3月、財団法人として認可された。

都道府県には独立した遺族会が結成され、日本遺族会の支部としての役割も果たしている。市町村にも遺族会が結成されており、各々、さまざまな活動をしている。

目 的
遺族会は、国の礎となられた英霊顕彰をはじめ、戦没者の遺族の福祉の増進、慰藉、救済の道を開くと共に、道義の昂揚、品性の涵養に努め、世界の恒久平和の確立に寄与することを目的とする。

事 業
1.英霊の顕彰と慰霊に関する事業
2.遺族の処遇向上に関する事業
3.遺族の福祉増進、遺族の生活相談に関する事業

などを行なっている。(日本遺族会より)

自分の場合は、叔父(父の兄)がビルマのインパール作戦で戦死しており、父が平成6年に他界したが、叔父の妹にあたる方が同居している関係もあって、遺族会員を継続させていただき、現在に至っている。

遺族会も、「孫の代・ひ孫の代」と言われており、今後の運営が非常に難しくなっている組織。

夜は、地域安全推進連絡協議会の会議があり、出席する。



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kenjiinoue.blog90.fc2.com/tb.php/2068-880e7333
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

議会前の議会運営委員会 «  | BLOG TOP |  » 小川町の町長選挙

プロフィール

井上健次

Author:井上健次
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1972)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR