topimage

2018-07

元気な小太郎 - 2018.05.30 Wed

大類地区の耕作放棄地となっている畑の開墾をはじめて、約4ヶ月になる。

2月に切り倒しておいた椚(クヌギ)と欅(ケヤキ)だが、ここで玉切りして椎茸とキクラゲの植菌作業を行った。

椚の大木の樹齢を年輪から調べることができるが、数えてみると24年ということが判る。

地目は、列記とした「畑」だが、状況は大木が生い茂った平地林で、24年の不耕作で畑が山林と化した。

椚の地面に近いところの幹の直径は60㎝にもなり、切り倒した時は身震いするほどの地響き。

「木には、魂が宿っているから・・」

いつも木を伐採する時は、そういう思いを感じながらチェンソーをあてており、木を倒す時の精神的・肉体的疲労は相当なもの・・・

木の魂と戦っているような伐採作業である。

今年は、今回の耕作放棄地の約6割にあたる大木は倒したが、残りの約4割の面積に生えている欅は残ってしまい、また来年の1月から2月にかけて切り倒し、根の伐根作業となるだろう。

開墾作業が終わって、地目の「畑」という状態に戻すには3年がかりの大仕事となる予感。

大木が育つまで24年かかったのだから、3年は相当に短い時間であり、自然を相手に大いに楽しみながらの作業となりそうだ。

5月1日に我が家の家族となったコーギーの「小太郎」は、すっかり元気で、食欲も良く、体重も最初850gだったのが、約1か月で1,9㎏と一回り以上大きくなった。

面白いのが、寝る時に仰向けで寝ており、お腹を出して寝ているところを見ると、思わず吹き出してしまうほど。

生後4か月目に入って、次第にコーギーらしくなってきたが・・

ワクチン接種をあと2回受けてから外の散歩ができるとか・・・これも楽しみ。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kenjiinoue.blog90.fc2.com/tb.php/2074-ad394b87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

6月定例議会が開会 «  | BLOG TOP |  » 長瀬駅にある木製ベンチ

プロフィール

井上健次

Author:井上健次
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1972)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR