topimage

2018-07

ブーイングの日本サッカー - 2018.06.29 Fri

大阪府北部地震の発生から、全国規模で緊急にブロック塀の調査が行われた。

毛呂山町では、学校施設については教育部局、公共施設については管財課、町内全般についてはまちづくり整備課で、それぞれ緊急点検され、学校施設では毛呂山中学校と川角中学校のプールでブロック塀の補強が必要となった。

町内全般では私有地において「危険」と判断できる塀もあり、今後どのように対処できるかを検討していくが、公共施設において緊急に対処しなければならない塀は3カ所あり、来週から撤去作業をはじめるとのこと。

中学校のプールにおける塀については、毛呂山中学校において「塀の補強工事が完了した」と、本日教育部局から報告がある。

川角中学校のプールにおける塀については、プールの使用が9月からとなる関係から8月中に補強工事を完了させるスケジュールを聞く。


本日、気象庁は関東・甲信地方が「梅雨明けした模様」とした。

「梅雨明け宣言」とまで言えないのかも知れないが、この数日の暑さは本当に身体にきつく、「ヒートアイランド現象」とか「温暖化現象」もあって、この夏は過酷な夏となりそうな予感。

そんな高温期であっても雑草は元気で・・・

5月から「アカザ」という雑草が伸び始め、これは1ヶ月もすれば大人の背の高さにまで伸びてしまう雑草。

6月中旬~下旬、これから生育が旺盛となるのが「メヒシバ」(埼玉県南西地方では葉草)と呼んでいる稲科の雑草、延びながら節ごとに地面に根を張ってしまうので草むしりも困難になる本当に厄介な草だ。

そして、7月~8月では、「スベリヒユ」という雑草だろうか。

「雑草にも植物の名前がある」という名言があるが、草々の名前や性格を知っておく必要があるのが農業だろう。

特に、農業を志す方々には「農業は、草との戦いだから・・」と言っているが・・

その強敵が「メヒシバ」であって、この暑さの中でメヒシバを繁茂させてしまった畑では、「秋口までの農作業は諦めるしかない」と言ってもいいくらい。

「梅雨明けした模様」と、気象庁の判断がメヒシバ達に聞こえたら、「また、一段と彼らの延びが旺盛になるのでは・・」と、心配になった今日・・・

暑さも敵に回して、精神的にも既にメヒシバの勝ちが決まった。











スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kenjiinoue.blog90.fc2.com/tb.php/2092-b4b9023d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

馬場町長のお通夜に参列 «  | BLOG TOP |  » 馬場町長 逝く

プロフィール

井上健次

Author:井上健次
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1972)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR