FC2ブログ
topimage

2018-09

邑南町の視察 - 2018.07.11 Wed

昨日の邑南町の視察は、今までになかったほどの先見的な町政運営をされており、そのポジティブな石橋良治町長をはじめとする職員に驚きをも感じる内容となった。

特にデータを絶えず確認した「日本一の子育て村を目指す」では、2011年から2016年の5年間で4歳以下児童人口が増加または維持することとなる。

合計特殊出生率も2.07と嬉しい成果を示しているが、島根県内市町村のU.Iターン者数と20〜30代女性の数も他市町村より増加していることにも驚く。

また、町内を公民館単位に区分し、分析結果を出したり、公民館事業を基本として地域興しをしていることも今までの視察ではなかったことであり、地方の創生手法を学ぶことができた。

A級グルメと食と農産業戦略室の方向性では、全国的なB級グルメとは一線を置き、自信を持った邑南町の農産物を「わざわざB級グルメにすることはない」という信念を持って取り組んでおり、農家の側に立った取り組みが功を奏していた。

あまりにも内容の濃い取り組みに、「どのような段取りをして、どのような職員による体勢か?」を聞くと、役場職員と商工会そして観光協会も併せて石橋町長がトップとなって取り組んだとのこと。

そして、昨年度に商工会も観光協会もそれまで石橋町長が会長を併任していたが、それを退き一般社団法人として独立させて、町とは切り離した体勢へと改革したと聞いたが・・・

併任であったことから町長からのトップダウン的な指示もでき、それぞれの役割が連携して成功に導くことができ、ある程度の成果を確認した後に、町長自ら補助金を出す立場と補助金を受ける立場の不合理を解消する改革に着手しており、そのタイミングの良さはリーダーだからこそできる技なのだろう。

やらなければならないことをしっかりと進め、石橋町長のリーダーシップに職員がしっかりと対応している様は気持ちいいほどと感じることができた。

私達を迎える町の姿勢も感動するもので、町長や副町長と幹部職員が庁舎玄関で出迎え、役場に入ると職員の皆さんが持ち場で 起立して「いらっしゃいませ」に感動する。

今日は、山口県に移動して、2日目の視察となる。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kenjiinoue.blog90.fc2.com/tb.php/2100-f53a6c25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

吉田松陰生誕の地を訪れる «  | BLOG TOP |  » 県 町村会の県外視察

プロフィール

井上健次

Author:井上健次
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2008)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR