FC2ブログ
topimage

2018-09

吉田松陰生誕の地を訪れる - 2018.07.12 Thu

昨日11日の視察は、午前中に島根県の津和野町、午後からは山口県に入り萩市の博物館と萩・明倫学舎、そして吉田松陰生誕の地である松陰神社を回る行程。

私が平成23年の町長選挙に出馬するときの心に吉田松陰の言葉・・・

「至誠にして動かざるもの未だ之 有らざる也」

を掲げさせていただいており、吉田松陰生誕の地を訪れる事ができたことは、自分的にも大変に嬉しく、今回の視察は意味のあるものとなった。

まず、島根県津和野町の視察では、人口の著しい減少に対して、「若い女性が住みたいまちづくり」を基本的視点とし、取り組んでいる現状を聞く。

2010年に8.426人だった町人口が 社人研(国立社会保障・人口問題研究所)では2060年には、2.222人までなると推計が 出されている。

これを、津和野町では2060年に4.816人という目標値を設定しているが、計画をしてからの人口減少が予想をはるかに超えて進んでいる事などを危機的状況と判断、女性会議などを実施して検証・分析をしている。

津和野は、日本遺産の指定が されており、「津和野百景図」からなる街なみが 現存する町としても貴重な歴史と文化を継承している。

外国人の観光客も多いが、平成27年をピークに減少に転じて、平成28年度にはペンションや旅館業での人手不足による廃業もあって平成29年度は前年度から2割以上の観光客の減少を見る。

津和野町という風光明媚な町において、人口減少問題の大きさをまじまじと感じた視察となる。

山口県萩市での視察では、倒幕から明治維新における吉田松陰の教授による人々の活躍によって現在の日本の発展があり、その偉業の数々を視ることとなる。

これについては、また、改めて書き残しておきたいと考えている。

今日は、山口県の宇部興産の視察をしてから帰路となる。



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kenjiinoue.blog90.fc2.com/tb.php/2101-fd8f87d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本を動かしてきた山口県 «  | BLOG TOP |  » 邑南町の視察

プロフィール

井上健次

Author:井上健次
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2008)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR