FC2ブログ
topimage

2018-11

恒例の嬬恋キャベツをいただく - 2018.07.31 Tue

猛暑日となる予報が流れ、お昼のNHKニュースでは鳩山町で34,2℃、午後には35℃を超えるという。

今日も皆様、無理をしないで熱中症などならないようにご自愛をお願いしたい。

西日本豪雨災害の復旧作業に町職員への依頼があり、毛呂山町役場から若手女性職員が参加することになった。

明日8月1日~8日までの一週間だが、災害現地において災害用物資の配布などを応援するとのこと。

暑く、慣れない現地での作業となることから、「体調などを壊さないで頑張っていただきたい」と言葉を贈る。

今後も、協力依頼が来たときには、町としても応えられるよう体勢を整えておきたい。

本日、午前中に県の川越・比企地域振興センター所長と県保健医療部医療人材課長が来庁され、埼玉県の医師数と看護師数の推移について説明を受ける。

埼玉県では、過去から「県内の医師数が全国都道府県で最下位」という残念な記録が続いており、その汚名挽回にこの数年での医師数の推移と看護師の推移の報告が来庁の主旨。

平成26年から平成28年の2年間では、医師数の増加数は609人で47都道府県で第3位、増加率では5,5%で47都道府県で第3位となっている。

看護師数においても、平成26年から平成28年の2年間では、増加数5,785人で47都道府県で第2位、増加率では9,9%で47都道府県において第1位という報告を受ける。

ただ、県内の医師数および看護師数のどちらにおいても本町の「毛呂山町」は、埼玉医科大学病院があり、医師不足も看護師不足も県内の市町村から視れば「充足」という現状を聞く。

本題を聞いた後は・・・

2020東京オリンピック・パラリンピックにおける「聖火リレー」の件。

この件では、三芳町・富士見市・ふじみ野市が県に対して要望活動をしていることをフェイスブックなどで知っていたので、是非毛呂山町も近隣市・町とともに新飯能・寄居バイパスあたりで「聖火リレー」を行いたい旨の話をさせていただく。

昼前、今年も賑やかに群馬県嬬恋村の熊川村長とともに職員3人が随行し、「嬬恋キャベツ」のPRに来庁され、賑やかにお互いの近況報告をすることができた。

熊川村長も「ピザ窯」には大変に興味を示しており、これから嬬恋村にも新しい展開があるだろう。





スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kenjiinoue.blog90.fc2.com/tb.php/2110-e54edb87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

子ども達が主役の一日 «  | BLOG TOP |  » いいお付き合いのはじまり

プロフィール

井上健次

Author:井上健次
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2040)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR