FC2ブログ
topimage

2018-11

環境問題を前面に - 2018.08.24 Fri

台風が西日本を通過し、昨夜はその影響で雨と風が強く、夜中に何度も目が覚めた。

幸い、関東圏では大きな被害もなく、安堵する。

今年は台風が多く、こういう年は蜂の巣が高い位置に作られるとか。

不耕作となった田の再生作業をしていると、藪などにある蜂の巣で危ない思いをよくするが・・・

今年は確かにそういう藪を再生していて蜂の巣で驚くことがなかったので、台風が多いことを蜂が知っていたのだろう。

毛呂山町役場の生活環境課に聞いてみると・・・

蜂駆除のための防護服の貸し出し件数だが、8月下旬の同時期で比較して平成27年が19件、平成28年が11件、平成29年が5件、今年平成30年が5件ということが判った。

ただ、蜂駆除の業者の問い合わせは例年と同じくらいあるようなので、ご自分で防護服を借りて対処できる高さではなく、やはり蜂が高い位置に巣を作っていて、蜂駆除の業者にお願いしているケースが多いことが窺える。

先日、ミツバチが著しく減少してきて、養蜂家においては死活問題というニュースを見た。

最近の農薬が原因で、ミツバチが巣箱から飛び出した後に農薬の薬害によって巣箱に帰って来られないのだとか。

有益なミツバチだが、自然環境の変化に加えて、自然界にはない、人間が作り出した農薬によって大きな問題となっており、まさしく「人災」、有吉佐和子の「複合汚染」の現れと言っても過言ではない。

9月3日から、毛呂山町9月定例議会が開会となり、12名の議員による一般質問が4日、5日、6日の3日間で行われる。

その一般質問において、是非、自然環境問題について議論を交わす時であり、エネルギー政策や森林保全などの重要性を町としても発信していくつもりである。

平成31年度から交付されるであろう「森林環境税」についても「異議あり」で・・・

今後、森林を保有する市町村での要望活動を展開するべく、準備を始めるところだ。




スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kenjiinoue.blog90.fc2.com/tb.php/2125-1f147e29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

高温期の農作業は早朝 «  | BLOG TOP |  » 西武ライオンズと協定締結

プロフィール

井上健次

Author:井上健次
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2040)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR