FC2ブログ
topimage

2018-12

ピザ窯作りで自信 - 2018.11.13 Tue

誤嚥(ごえん)性肺炎で入院していた母、しだいに肺炎の影も薄くなった状況を医師から聞くことができた。

(誤嚥とは・・・食物や唾液は、口腔から咽頭と食道を経て胃へ送り込まれるが、食物などが、なんらかの理由で、誤って喉頭と気管に入ってしまう状態を誤嚥(ごえん)と呼ぶ。誤嚥は肺炎の原因ともなる)

94歳という高齢だから・・・

肺炎になった時点で色々な事も考えなくてはならず、快方に向かってくれたことで安堵した。

ただ、これから誤嚥の状況が続くようだと、胃瘻(いろう)や鼻からチューブによる栄養食の摂取を検討する段階と、医師から説明を聞き、悩むばかり。

「食べる楽しみを奪う」、そういう考え方もあり、94歳ですでに歩くこともできなくなって、車椅子生活に加えて認知症も症状が重くなり、息子として難しい判断をする段階なのだろう。

産業まつりが近づき、恒例となっている「一番会」の「本格石窯での焼きたてピザ」で問題が起きている。

「移動式のピザ窯が稼働率が高いことで、しだいに傷んできて産業まつりで対応できないかも・・・」

という話。

確かに、一昨年にオートキャンプ場に移送している時、水道工事のあとの舗装の盛り上がりでトラックがジャンプして、ピザ窯がバラバラに壊れた。

急遽、徹夜して直したが・・あれから2年が経過して、やはりピザ窯のレンガの目地にだいぶ隙間ができ、長距離の移動が不安な状況、新しいピザ窯を作ることとなった。

もう3台目の製作とあって、今回は多くの記録を残すことができ、また、製作過程で時間がかかっていた耐火レンガを積む行程でも短縮する手法を考えつき、今後のピザ窯製作で自信を持つこととなる。

できれば、動画サイトにピザ窯製作一連の流れをアップし、自作でのピザ窯作りを考えている方々の手助けができれば・・とも。

4台目のピザ窯製作では、動画での記録を残すつもりである。

来る11月17日18日の産業まつりでは、新らしいピザ窯の「火入れ式」となりそうだ。

スポンサーサイト

● COMMENT ●

胃瘻ですかぁ・・・。悩みますね。昨年死んだ僕のおふくろも数年前医者から胃瘻の話をされたことがありました。認知症もあり、同じような状態でしたね。姉と相談したり考えましたが、結局胃瘻はせず自然に任せました。一度胃瘻を施すと、人にもよりますが元気になるようです。でも歩けるわけでもなく認知症が治るわけでもなく、逆に一度それをするとチューブを抜くことが出来なくなります。殺人になりますからね。そうなると周りの世話が大変みたいです。何もできずに時間ばかりが過ぎて行く。よく考えた方がいいですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kenjiinoue.blog90.fc2.com/tb.php/2171-7e80ce12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

モニター会議 «  | BLOG TOP |  » 加須市の施設を視察

プロフィール

井上健次

Author:井上健次
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2053)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR