FC2ブログ
topimage

2018-12

来期に向けて準備を進める - 2018.12.04 Tue

毛呂山町12月定例議会の2日目、議員4名による一般質問の初日である。

午前中は、高橋議員、平野議員、午後からは、千葉議員、村田議員の4名。

ここで、平野議員からの質問で「井上町政について」の質問の中・・・
①2期目4年目を迎えた井上町政の成果を伺います。
②今後の毛呂山町の目指す方向性と展望を伺います。

という質問を受けた。

1期目と2期目の合計8年間における町政運営において実現してきた政策・公約を1回目の答弁にしたが、再質問では・・・

「井上町長の2期目の任期が来年の5月15日までと聞いているが、次期についての出馬も含めてのお考えはいかがでしょうか。また、選挙というものについての考え方も伺いたいと思います」

という質問を受けた。

これに対して・・・

「選挙は、民主主義の最たるものと認識しております。1期目、2期目と8年を通して自分が議員時代からこの議会で各議員よりご指摘いただいた案件などを整理して、すぐにできるもの、2年・3年かかるもの、すぐに手がけて継続的に成果を見せるものと政策で分けさせていただき、職員にあってはそれらを段階的に進めて実現することができ、議会におきましては予算での承認をいただいたことで町民との協働の町づくりができたものと感謝しております。選挙では争点があるもので、2期8年間におよぶ町づくりに対して私は現職でありますから、町民皆様からその評価を戴くものであり、将来の町づくりに対して具体的な施策を提示させていただき、選挙によって町民皆様から承認いただくものと考えております。財源が非常に厳しい毛呂山町であるために行政運営はどうしても数年の年度にまたがりながら進めざるを得ず、1期4年で町づくりを大きく前進させることも困難であります。1期目の4年では前町政の継続事業の仕上げと私の政策の種蒔きとなった4年間であり、2期目はその政策の実現と大きな事業にあっては基礎を築けたものと考えております。2期目の最終年にあたり次期についてのご質問ですが、具体的には大きく基礎を築いた川角駅周辺整備事業、大きく動いている企業誘致、埼玉県下で一番最初に策定することができた立地適正化計画とその問題となる空き家対策、教育行政の推進と課題となっている学力向上、働く場と若年層の定住化の促進等々、1期目、2期目の8年間の事業推進と行政運営を踏まえて総仕上げをさせていただくためにも次期への出馬をさせていただきたいと考えております。なお、次期の町づくりに対する施策の内容につきましては議員各位から議会などでご指摘いただいている内容などを精査して、できるだけ早く町民の皆様にもご提示できるように準備を進めたいと考えておりますので、今後とも議員の皆様にもご理解をいただけるように努めて参る所存です」

と出馬の考えを述べることができた。

毛呂山町のさらなる発展に全身全霊を持って働いていきたい。

PS:平野議員からは、さらに再々質問を受けたが、この答弁については内容が濃いものなので、明日書き込みたいと考えている。



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kenjiinoue.blog90.fc2.com/tb.php/2181-4ef8e43c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

一般質問の2日目 «  | BLOG TOP |  » 12月議会が開会

プロフィール

井上健次

Author:井上健次
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2053)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR