FC2ブログ
topimage

2019-08

選挙では、何があるか判らない - 2012.12.05 Wed

こんな事が、地方の市町村で起こったら絶対に認めてもらえない事・・もはや事件。

衆議院総選挙公示日の昨日(4日)、「日本未来の党」の比例代表候補者名簿の届け出が大幅に遅れ、総務省の審査が深夜に及んだ。

しかも、駆け込みで提出した書類に肝心の候補者名簿がなく、締め切り後に中央選挙管理会に乗り込んだ「党幹部の森裕子氏らが持ち込んだのではないか」という疑惑まで浮上した。

締め切りの午後5時までに、「日本未来の党」比例代表候補で届け出が受理されたのは北陸信越ブロックのみで、締め切り間際になって、他ブロックの資料を相次いで提出したが、東北、中国、四国の3ブロックの名簿が見当たらないことが判明。

連絡を受けた森裕子副代表らが慌てて総務省に駆けつけ、同省幹部らとやり合う一幕となった。

午後6時すぎ、総務省側は「3ブロックの名簿は見つかった」として審査を行うことを説明したが、疑念となるのは当たり前・・、同省側は「森氏らは持ち込んでいない」と釈明に追われた。

その後も、森氏らが「監視」する中、名簿を審査する作業は続き、同省がすべてのブロックで「受理した」と発表したのは、本来の締め切りから5時間半後となった。

総務省側は「公示当日に事前審査の書類を持ってくるのは前例がない」と困惑しきりで、夕方以降の対応は「未来の党」と「共犯」と思われてもしかたがない事で、未来の嘉田由紀子代表(滋賀県知事)は4日夜、名簿の提出が遅れた理由について・・・

「公示の2、3日前から立候補したいという人が出てきたため、朝まで調整した」と説明、「社会的にも心配をかけた。代表としての私の責任だ。大変申し訳ない」と述べた。

私も選挙を今まで3回経験してきたが、立候補の届け出ほど神経を使う作業はなく・・

事前審査を受けることで書類の不備などが発生しないようにできる訳で、今回の出来事は「日本未来の党」の準備不足とスタッフの認識不足が露呈した格好・・しばらく、マスコミの攻撃は必至となるだろう。


以前、公示日後に出される「選挙公報」の顔写真で大きな失敗をしたことがある。

忙しい選挙戦に向けての後援会活動のさなか、妻に「選挙公報に貼る顔写真をどっかで撮って来てよ。もう役場の選管に出さないといけないんで忙しいよ。あのスーパーの横に3分間写真があるからあそこでいいよ」と・・

真に受けた私もいけなかったし、選挙公報を過去2回も経験しているにもかかわらず、忙しさの余りチェックしないで妻の言うとおりに顔写真を撮ってきてしまった。

その後、選挙に突入して二日後だったか・・全戸に配布された選挙公報を見て、あの時ほど血の気が引いた思いはない。

「こりゃ、どこのおっさんだよ」という私の写真で・・相手候補のいつもの笑い顔がいつも以上に光って見えた。

選挙スタッフも話しづらいのか、何日間は、そのことに触れず・・だったが、その件は今となってもスタッフから必ず出てくる「けんじさん、あの顔は、とても見れたもんじゃないよ」と・・笑い話しの一つだ。

結果として、笑い話しとなればいいが・・

今回の日本未来の党、決して笑い話しでは済まされませんよ。









スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kenjiinoue.blog90.fc2.com/tb.php/257-f878b346
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お金で買えないもの・・ «  | BLOG TOP |  » 中央道で大惨事が発生

プロフィール

井上健次

Author:井上健次
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2220)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR