FC2ブログ
topimage

2019-10

4階の図書室が居場所 - 2014.12.05 Fri

一般質問の3日目、2人の議員さんの質問を受ける。

岡野議員の企業誘致関係では、東部エリアに進出が決まり、ここで契約が完了した企業についての質問だったが、雇用について毛呂山町の町民への雇用を促進するための施策を強く求めるもの・・・

「物には順番というのがある」という答弁をした。

鳩山町でも「良品計画」という企業の進出に「町民の雇用を促進する施策」に議員の声が大きかったことを伝え聞いているが、それは言われなくても当然に町として進めたい施策だ。

毛呂山町は固定資産税の半額に値する金額を10年間に亘って企業に戻す条例を用意して企業誘致を図ってきているが、そういう諸々の施策を施しながら「更なる何かを・・」的な考え方においては、「状況を良く判断してから・・」の話しだろう。

今までに何も優遇措置を講じていない状況なら、雇用においての補助的な優遇施策もできるだろうが、それらの取り組みを近隣自治体と比較検討しながら慎重に進めていくのが行政であり、全て「皆様からの貴重な税金」ということを忘れてはならない。

8,4ヘクタールの東部エリアで、2,3ヘクタール分の誘致が今回の企業で決まったが、コンクリートの製品工場が倒産して広い敷地に残されたコンクリート製品の片付けだけで「20億円かかるだろう」と言われた企業誘致場所において、鳩山町の建設業者が一手に買い取り整備を始めてから約2年・・・

一番難しいと言われる企業誘致にここまで成果を出せて来れた事に、関係する多くの方々に心から感謝するばかりだ。

今後も東部エリアにおいては、いい話しが聞こえている関係から企業の進出に期待をしつつ、南部エリアについても粛々と進める時と考えている。


川角中学校の社会体験チャレンジ授業で、一年生3人の女子中学生が3日間に亘って毛呂山町役場での仕事を体験した。

昨日は最終日ということもあり、お昼のお弁当は町長室に来てもらい一緒に食べたが、学校のいろいろな話しや部活やダンスの話しで楽しいお昼ご飯となる。

食べ終わってから「じゃあ、役場の探検に行こうか」と、毛呂山中学校の生徒が体験で来た時と同じように、庁舎内の各課や会議室などを回って説明をする。

電話交換の部屋や議場の上のモニター室、地下の空調関係の機械室や町の昔からの資料が納まっている書庫なども見せることができ、3人とも興味深そうに説明を聞いていた。

役場4階は議会の階だが、議長室、議場、委員会室、会派の部屋と回り、一番隅にある議員用の図書室に行った時だが・・

「私は議員の時にね、さっき見た一番大きな会派の部屋から一人抜けて、この図書室に一人でいた時が一年半ほどあって、その後町長選挙に出て、町長になったので、ここは少し思いがある場所なんだよ」と、当時の事を話した。

会派の部屋を設けていただくことを拒否して過ごした図書室・・・今は懐かしく、その寒々した空気は一人議員の身に沁みた時期でもある。

反面、自分の思いを更に強くすることができた時期・・・

「なんでも、ブレないことだよ。勉強でも部活でもダンスでも、やりたいことがみつかったら一生懸命に頑張りな」

4階の図書室での話しは、中学生には少し難しかっただろうか。

















スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kenjiinoue.blog90.fc2.com/tb.php/898-3b0ea679
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

結構、いい分析ですので・・ «  | BLOG TOP |  » いつから脇役?

プロフィール

井上健次

Author:井上健次
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2253)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR