FC2ブログ
topimage

2019-09

政治は、国民が創ってきたものだから・・ - 2012.01.17 Tue

昨日の書き込み以外の発言に・・

田中直紀防衛相は15日のNHK番組で、自衛隊の海外での武器使用基準緩和と「武器輸出三原則」緩和を混同するなど安全保障に関する「素人」ぶりを露呈し、問題となっている。

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題でも、日米協議の内容を暴露しただけでなく、代替施設を年内着工したいとの考えを表明・・

政府高官が着工時期に言及したのは初めて・・、番組後「そこまでは難しい」と直ちに軌道修正した。

野田首相は15日夜の経済人との会食で、田中氏の起用を含む今回の内閣改造について・・

「まさに考えられるベストの布陣だ」と胸を張ったが、24日召集の通常国会で野党側から追及されるのは必至のようだ。

民主党の田中真紀子衆院外務委員長は16日午後、夫の直紀防衛相の問題発言が野党から批判されていることに関し「慣れてくるのではないか。いじめないようによろしくお願いします」と、記者団に語り・・

防衛相が米軍普天間飛行場移設で「年内着工」に言及したことについて、「(沖縄県側の)理解なしに強行するなんて気持ちは毛頭ないと思う」と防衛相を擁護した。

武器使用基準と武器輸出三原則の混同にも「緊張して、違うことを答えた」と釈明し、夫の防衛大臣を「後方支援をしたい」とも強調している。

眼帯をした野田首相は16日、都内ホテルで開かれた民主党大会であいさつし、消費税率引き上げを柱とした社会保障・税一体改革に関し・・「出直しをして衆院解散しろという野党に対しては、やるべきことはやって、やり抜いて民意を問うことをはっきり宣言したい」と述べた。

早期解散を求めて一体改革の与野党協議を拒む自民、公明両党などをけん制したものだが、消費増税の前提となる議員定数や議員歳費、政党交付金の削減を進める方針も表明した。

また、野田首相は「政治全体の責任が問われている時、与党だ、野党だという言い訳は通じない」と指摘。

3月に国会提出する消費税率引き上げ関連法案の扱いについて、「法案を参院に送り、野党に『この法案をつぶしたらどうなるか』と考えていただく手法も時には採用していく」と述べ、野党の協力が得られない場合、衆院は与党単独でも法案を通過させ、野党が多数を占める参院に送付して対応の判断を迫ることを示唆した。

一昨日の岡田副総理の発言・・

衆議院の選挙制度改革について「任期満了まで時間があまりないので、抜本的な改革を次の選挙までに行うことは事実上はありえない。次の選挙では、いまの制度を前提にしてしっかり各党で議論を行うべきだ」に対し・・、

私は・・「任期満了まで時間が無いことを理由としないで、超党派での取り組みとして直ぐにでも野党に協力を得るイニシアチブが必要だろう。『国民が真に願っている事に、反対する政党はない』という政治の基本的な理念から言えば、与党として、責任政党として、強いリーダーシップを持ち、スピード感を感じる・・、そういう施策を断行するべきだからだ」と書き込んだが・・

昨日の野田首相の発言は「議員定数・議員歳費・政党交付金」の削減を盾に「社会保障と税の一体改革」をなんとしても「やり抜きたい」という気持ちを前面に出してきており・・強いリーダーシップとスピード感から言っても高く評価するものだ。

現段階では、解散して仕切りなおしすることも、断行して強行突破することも筋の通る話しだが・・、

「社会保障と税の一体改革」が遅れれば、1000兆円の借金を膨らめるばかりか、次代へ肩代わりさせるばかりだろう・・・

誰も子や孫に借金の面倒をかけさせたくないのは当たり前の話しで、今の日本にしてきた国民にも、責任があるのだから・・







スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kenjiinoue.blog90.fc2.com/tb.php/97-be04f470
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

昨日1月17日、阪神淡路大震災から17年 «  | BLOG TOP |  » 武蔵越生高校、埼玉駅伝高校男子の部「優勝」

プロフィール

井上健次

Author:井上健次
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2235)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR