topimage

2018-05

ご冥福を祈るばかり - 2018.05.15 Tue

新潟県の小学2年生の大桃珠生さんが7日に殺害され、警察の捜査によって昨日大桃さんの自宅近所に住む23歳の会社員を逮捕したことが報道される。

7歳の女の子を殺害し、事故に見せかけるために線路上に遺棄するという残虐な犯行に、腹立たしく、怒りばかりである。

大桃珠生さんの死を悔やむばかりだが、どのような事件や事故が起こるか判らない時代、子ども達の安全・安心への施策を強化できるように考える。

大桃珠生さんのご冥福を心から祈る。

スポーツ健康フェア - 2018.05.14 Mon

昨日5月13日の日曜日は、「スポーツ健康フェア2018」が、大谷木の総合公園を会場として開催される。

卓球台やトレーニング室の無料開放、軽スポーツの体験、グランドゴルフ大会、体力測定、等々と盛りだくさんのメニューを揃えて、メインイベントは体育館での元実業団選手による「バドミントン教室」が行われる。

その歓迎式典がちょうどお昼の12時からで、主催者として挨拶をしたが・・・

指導に来町いただいたのがバルセロナ五輪・アトランタ五輪に出場選手の町田文彦氏であり、指導を受けることができた毛呂山中学校、坂戸市の住吉中学校、埼玉平成高校と、それぞれのバドミントン部の生徒達にとっては貴重であり、素晴らしい時間となった筈である。

ローズガーデン5月18日から - 2018.05.14 Mon

昨年の5月13日、埼玉県に仲介をしていただき、毛呂山町とパナソニックエコソリューションズが協定を結んでの「企業の森」事業が実施された日。

宿谷の滝の先を上ったところに4年前樹齢30年を超えた杉の木を伐採したばかりの町有林がある。

その伐採された山の斜面に対して、パナソニックエコソリューションズの皆さんによって広葉樹の苗木などを植えていただき、管理をお願いする事業。

パナソニックエコソリューションズによって「ながきの森」と名付けられた。

昨年の5月13日は雨の中をパナソニックエコソリューションズから120人を超える皆さんがバス数台で毛呂山町に来町、植林作業を実施していただくこととなる。

一昨日の5月12日は、その「ながきの森」事業の2回目で・・・

昨年を上回る160人を超える皆さんが来町し、昨年に引き続き「ながきの森」の植林が済んでいない場所に広葉樹の植林作業を実施していただいた。

昨年と今年の違うところは・・・

埼玉県庁での協定書の取り交わしの時のこと、「毛呂山町の山を管理いただき、大変の嬉しい縁をいただくことができました。お礼に植林作業の時などにピザでも焼いて食べていただこうかと・・」と話したことから、一昨日は作業終了時に焼きたてのピザを食べていただくことができた。

同じ12日の昼には、滝ノ入地区の「ローズガーデン」の総会があり、毎年とお招きいただいており、出席する。

今年のローズガーデン「春のバラまつり」は、5月18日の金曜日~6月3日の日曜日までだが、毎年と前年を上回る来場者となっていることから、大いに期待が持てる毛呂山町の観光スポットである。

県内でバラが有名な市町村は、伊奈町と川島町だが・・

毛呂山町の滝ノ入ローズガーデンも多くのマスコミによって取り上げられ、埼玉県内の「三大バラ園」に入ることは間違いない段階となってきている。

ローズガーデンで感心することは・・

ローズガーデンを管理する会員(スタッフ)は約25名だが、住所を見ると毛呂山町だけでなく、東松山市、小川町、越生町、狭山市、飯能市、鳩山町、とさまざまで、皆さんバラが好きな方々が自然に集まって来て、管理をするようになったこと。

だから、「好きこそものの上手なり」で、バラ園がしっかりと管理できていることだろう。

これからも、大いに期待したい滝ノ入 ローズガーデンである。

レインボー協議会 - 2018.05.11 Fri

川越都市圏まちづくり協議会(レインボー)の総会が川越市の氷川会館で開催される。

退院の日は、先負 - 2018.05.10 Thu

5月5日から動物病院に入院していた我が家の「小太郎」が、やっと退院できることになった。

本日の夕方に退院ということだが・・・

食欲も良く、体重も一機に増えて、頼もしいかぎりである。

今日は、午後1時30分から埼玉県が主催する「市町村長会議」が県庁近くのホテルで開催されるため午前11時頃には毛呂山町を出ることになる。

市町村長会議では4つのテーマが掲げられており・・

1、保育士の確保について  2、医療・介護などについて、 3、森林保全について、 4、産業振興について

の、それぞれについて、上田知事との意見交換となる。

特に、3、森林保全について  は、私が町村会に問題提起した案件であり、提案者として知事への口火を切る役を依頼されている。

森林保全についてを問題提起した背景は・・・

昨年の九州北部豪雨災害での土砂崩れによって山々から流木となった杉や檜の木々が大きな二次災害を招いたからであり、山間地域においては同じような災害の発生が危惧されるからである。

市町村長会議が終了してからは、急いで帰町し、5時からの西入間交通安全協会毛呂山支部の定期総会に出席となる。

退院する「小太郎」には、夜の8時以降にならないと会えないのだろう。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

井上健次

Author:井上健次
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1937)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR